青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

あけまして

あけましておめでとうございます。年末は祖母の死という、打ちのめされる出来事で締めくくる事になってしまいました。私は大変なおばぁちゃんっ子であり、また祖母も初孫である私を非常に寵愛してくれたように思います。両親を除けば、自分が生まれてからの26年間を見つめ記憶に蓄え続けてくれた人は祖母だけだったのかもしれない、と思うと、とてつもなく寂しい気持ちになった。祖母に自分の子供を見せてあげたかったな。せめても、と通夜の晩は遺体の置かれた寺で過ごした。従兄弟達ちも久しぶりに会話する事ができました。それぞれにやっているようだ。1番末っ子の従兄弟は灰野敬二に傾倒していた。

時の流れを感じるますね。まさか灰野敬二とは。



大晦日は、紅白を楽しく見て過ごした。ここ1、2年の紅白はおもしろいと思う。芦田愛菜ちゃんと鈴木福君のコンビには、色々と言いたくなる人がいるのもわかるが、やっぱり最強だと思ったモリモリ。ミッキーマウスに嵐にAKBを従えた2人のスマイルはエンターテイメント界の最前線でありました。再放送で初めて見た「マルモのおきて」も実に良質なドラマで楽しい。
ロックリスナーとしてのトピックは椎名林檎猪苗代湖ズでのサンボマスター山口隆の出演なのだろうけど、2人のパフォーマンスはあまりアガらなかったなぁ。それならaiko、L'Arc〜en〜CielなどのJ-POP最前線の方々のパフォーマンスの方がよっぽどエッジが効いていてかっこいいと思った。猪苗代湖ズの活動自体には全く異論を唱えるつもりはないが、単純に山口隆のパフォーマンスを見ていて、スカート澤部渡にはこっちの道へは行かず、まっすぐ山下達郎への道を歩んで欲しい、と勝手ながら思った。死ぬほど余計なお世話。
Perfumeと少女時代のパフォーマンスも世界標準だなぁ、とウットリとする。東方神起の「Why?(Keep Your Head Down)」のゴージャズなビートとユンホのラップの面白さ。絢香Lady Gagaの歌の上手さも素晴らしい。長渕剛のパフォーマンス演出は、ラストなど「スピルバーグ映画か!?」という笑激の展開で、ベストアクトの1つでありましょう。嵐の映像演出のドリーム感。これはコンサートを体感してみたい。そして、感情を込めて歌う様が素晴らしかった和田アキ子あの鐘を鳴らすのはあなた」と、感情を込めて歌いかなり厳しいものになっていた松任谷由美の「春よこい」。歌の上手くないユーミンは感情を込めずにポップミュージックサイボーグとして淡々と歌って頂くことで我々の感情が入り込む余地があったからよかったのだなぁ、と痛感。天童よしみ美空ひばり「愛燦燦」のカバーも素晴らしかった。上手い歌を年末に聞くのはとてもいいものだ。大トリのSMAPにはポップミュージックの力を大いに見せてもらえた。最近出したシングル「僕の半分」を歌わずに「オリジナルスマイル」を披露する心意気。

笑顔抱きしめて 悲しみ全て 街の中から消してしまえ

というラインの「オリジナルスマイル」をSMAPは最近とても大切に歌っている。「震災」という言葉が多用されてやや重苦しかった今年の紅白もこのような強いポップミュージックの力があればこそ、だったのかもしれないという気持ちに素直になれました。いい気持ちになったので、年越しもSMAPが出演するカウントダウンTVで決める。ジャニーズの中ではかなり踊れない方に分類されるSMAPの、ソロダンスになかなかグッとくするものがあってよかった。





1日は年始は築地でお寿司を食べる。お正月くらいセシウムとかを気にせずバグバグ食べることにした。おいしかった、うにいくらあじさばトロえんがわ。銀座をブラブラしたりした後(ほとんどどのお店も開いていなかったけど)、部屋でテレビをダラダラと見ていました。かなり揺れたと言うお昼時の地震には何故か全く気づかなかった。ドリームマッチはサンドウィッチマンの富澤が毎年おもしろい。インパルス堤下との漫才はブラマヨのような出来だった。つまり素晴らしかった。でも、昨年のフットボールアワー後藤との漫才が最高だったなぁ。そして、おぎやはぎバナナマンの不参加はあまりに寂しい。




2日は初詣。並んで賽銭を投げるような初詣は本当に久しぶりだった。初めてなような気もするけど、もしかたら小さい時に体験してるかもしれないので久しぶりとしておく。屋台がたくさん出ていてテンションが非常にアガる。「ハチミツとクローバー」にもありましたが、大人になって屋台でお金を気にせず買いまくるというのは本当に気持ちがよい。お好み焼きおいしかったな。20年ぶりくらいに綿菓子も食べた。夕刻から東京タワーの照明デザインを担当した、世界的照明デザイナー石井幹子によって7色(世界初らしい)のLEDで彩られたよみうりランドへ。非常に美しかったですね。光と炎のスターライトバンデッドが楽しすぎて2回乗る。本当に寒くて泣きそうになったけど行ってよかったです。オススメ。




2011年のリスニング締めは、うつくしきひかり「うつくしきひかり」にいたしました。今年出るというアルバムも楽しみですが、この3曲入りのEPは今後も聞き続けていくだるなぁ。いつでも、どこでも、聞けます。
2012年はTomato'n Pine「10月のインディアン」をよく聞いている。超絶名曲。「旅立ちトランスファー」と共にヘビーローテーション中。ライブ行きたい。後、スマイレージ「プリーズ ミニスカ ポストウーマン!」ね。

をめちゃくちゃ聞いてます。こちらの曲はCDで聞くとメロディーもさることながらトラックの作り込みにも眩暈のする名曲。新メンバーに山下達郎似の子がいてネット上で「アトムの子」「高気圧ガール」などと呼ばれているそうです。素晴らしいセンスで本気で笑いましたが、どうかその子の両親の耳に届きませんように。




この日記はひたすらMinksを聞いて書き上げました。

By the Hedge

By the Hedge


昨年は海外のバンドミュージックにはほとんどのれなかたんですが、minksだけは例外的に好きでしたね。何故だかはさっぱりわかりません。後はひたすらThe Caretaker、Aphex Twin、Simon Jeffesです。 という事で、今年もよろしくお願いいたします。