青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと

年末進行で祝日も出勤でございます。寒波もいよいよ本格的に。そういえば『11人もいる!』が完結しましたね。

いいドラマでした。しかし、クドカンドラマ毎度おなじみの事ながら視聴率は10%前後だったようですが(「流星の絆」だけは20%超えした回もあり)、クドカンドラマ5本に『木更津キャッツアイ』『マンハッタンラブストーリー』『池袋ウェストゲートパーク』『11人もいる!』『タイガー&ドラゴン』とランクインする勢いで好きでしたね。以前も書きましたが、何と言ってもクドカンの照れ、ズラしを巧妙に取り入れ、全てを肯定していく姿勢が素晴らしい。クドカンの照れ、ズラしの最高傑作は『木更津キャッツアイ』において、息子(岡田准一)の余命が半年と知った父(小日向文世)がモノマネ教室で覚えた和田アキ子の「あの鐘が鳴らすのはあなた」を披露するシーンではないでしょうか。完全装備の和田アキ子スタイルで余命半年の息子に「あなたに会えてよかった あなたには希望の匂いがする」と歌う父親の照れからくるズレた美しさよ。どうでもいいけど、和田アキ子っていざ書こうと思うと、ん?和田アキコ?和田アキ子?和田あき子?和田あきこ?ってなりませんか?と言うか今これ書いていて、「和田」が完全にゲシュタルト崩壊しました。和田ってこんな字だったっけ。




あの松本人志も愛したというセブンイレブンの名作「お好み焼きパン」に新作チーズ味なるものが登場したらしいので、さっそく食べてみた。こ、これはオリジナルとの味の違いがいまいちわからん。温めるとチーズが炸裂して美味しそうだけど、私はお好み焼きパンの冷めてもおいしい所を愛しているのでちょっと抵抗があるな。でも、おいしいです。そういえば、「うちのオカンは1度俺がおいしいって言うと、そればっか買ってくるから最近毎朝セブンのお好み焼きパンでうんざりだよ」と語っていた友人のエピソードがなんか微笑ましく印象的で食べるといつも思い出します。松本人志B級グルメエピソードが好きで、聞くと試さずにはいられないのだが、彼の提唱する「ペヤング+卵かけご飯」最強説は、まったく同意できなかった。それぞれは美味しいが一緒に食べるケミストリーは感じられませんでした。B級グルメの道も険しい。吉高由里子一押しの、日清のカップラーメンで麺完食後、スープに卵を落とし電子レンジ温めて作る茶碗蒸し、とやらも早急に試してみたいと思う。




演劇型音楽ユニット、ザ・プーチンズのアトリエヘリコプターでの公演『川島さる太郎の自己破産』がDVD化されました。

川島さる太郎の自己破産 [DVD]

川島さる太郎の自己破産 [DVD]


公演鑑賞後ブログに書いた感想を街角マチコさんがご覧になってくださり、amazonの商品紹介欄に掲載して頂いております。ザ・プーチンズは「何かが足りないラーメンズ」です。演劇作品はDVD化しても魅力を収めきるのが難しい、と思うのですが、今作はパッケージ対応力が強く、DVDで観賞しても存分に楽しめる作品になっていると感じました。しかし、街角マチオさんの作曲能力は素晴らしいな。気持ちよさのツボをついてくる進行。ボッサ風ギターからスティールパンまで弾けるのも器用で無敵。マチコさんのテルミン演奏も素晴らしく、単純に楽曲だけ聞いていても楽しいのだ。ライブ会場で発売していたCD-Rも愛聴しています。先日行われたライブでの映像。曲が8分過ぎに始まります。

ザ・プーチンズ、チェックするなら今のうち!



Mステをガッツリ見る。Lady・GaGaすごくキュートでしたね。AKB48はやっぱり多いので見ていて楽しい。少女時代はKARAと違ってJ-POPに媚びずエッジの効いた音楽をやっていてかっこいい。けど、また誰が誰だかさっぱりわからなくなりました。去年勉強したのに。ラルクが「虹」を披露していました。テレビで披露するのは14年ぶりだそうです。SMAPが「オリジナルスマイル」を披露したのがグッときました。「オリジナルスマイル」の「笑顔抱きしめ 悲しみすべて 街の中から消してしまえ」とかなんか元気出ていいな。キンキの「フラワー」もよかった。そして、ドリカムが製作の新曲「願う以上のこと 祈る以上のこと」がかなりいい曲。ソウルマナーでホーンが効いていて、でもばっちり歌謡曲で。



DOMMUNE BOOKS 0007 ele-king vol.4

DOMMUNE BOOKS 0007 ele-king vol.4

  • 作者: 野田 努,松村 正人,宇川 直宏
  • 出版社/メーカー: メディア総合研究所
  • 発売日: 2011/12/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
音楽が終わって、人生が始まる

音楽が終わって、人生が始まる

を購入。磯部涼さんはライターさんの中で好き!と明言できるお方です。表紙はなんと西村ツチカさん!