青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ままごと『あゆみ』


まず、8人の女優が1人の女性を演じる事で、1人の人間の多面性、そして「こうだったかもしれない」私が見事に浮かび上がっててくる。演出と主題の幸福な結実。私たちが選んだ道、選ばなかった道、選ぶことができた道、それら全てが可視化され、始まりと終わりの点を結ぶ無数の線は、全て大きな円の中にあるのだ、と気づかされる。ここに辿り着くまでの、75分とは思えない膨大なエピソード。NHKドラマのような、ジブリ映画のようなバタ臭さ、ノスタルジアを叙情的に描写するさくらももこのエッセイ漫画のような巧さ*1、つまりは大衆的な普遍性で私たちの記憶に巧妙にフックをかけてくる。そして、エピソードは全て、「歩く」「道を選ぶ」という運動に起因するものであり、それらがラストに向けて主人公の歩く1本の線に、円に、つまり人生に集約されていく様が映像として浮かび上がる背筋がゾクゾクさせられた。柴幸男は複雑でシンプルで強い。

*1:そういえば『わが星』を見た時も私は劇場版『ちびまる子ちゃん 銀河編』のような、という感想を抱いたのでした