青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

横浜聡子『真夜中からとびうつれ』『おばあちゃん女の子』

横浜聡子の短編『真夜中からとびうつれ』『おばあちゃん女の子』をユーロスペースで観賞。Webで何回か観賞させてもらったのだけど、傑作『真夜中からとびうつれ』を、多部未華子のコートのあの青を、スクリーンで見られてうれしい。光を映し、例えその光で全てが燃え尽きてしまっても、その煙すら吸い込んで、また光のほうへ進む。

誰かのために、映画のために、多部未華子が鐘を鳴らす。



『おばあちゃん女の子』では山下敦弘『子宮で映画を撮る女』や横浜聡子『ジャーマン+雨』で強烈なインパクトを残している野嵜好美が生活感を漂わせながらも溢れだす狂気を画面一杯に体現している。


それを受け止める前田功二作品でお馴染の宇野祥平がよい。しかし、この2人の眼差しやばい。ちなみに上の2カットもどちらも1人でいる時のシークエンスからのカットですよ。2人とも見えてないものが見えているような顔してる。おそろしい。



小さいアパートの一室をたっぷり使いこなす、横浜聡子の空間把握能力。野嵜好美がとにかく動いて画面を動かしてくれて「いいぞ!」となる。エンドクレジットで参考作品に高野文子『田辺のつる』が挙げられていて、『おばあちゃん女の子』というタイトルであれば、なるほどそういう話か、となるのだけども、実の所どういう話なのかはよくわからない。しかし、横浜聡子の映画はよくわからないのが気持ちいい。ドアの開け閉め、放り投げられる林檎、漕ぐブランコ、鉄棒での逆上がりなど、鮮烈なイメージで画面が支配されているので、とにかくそれを浴びればいいのだ。傑作『ウルトラミラクルラブストーリー』に続く長編が待たれます。