青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ジョン・ファヴロー『カウボーイ&エイリアン』

ジョン・ファヴローカウボーイ&エイリアン』を観賞。

脚本の細部の雑さが気にならないほど気合の入った画を見せてくれる。特に冒頭の西部劇の画のクオリティは実に高く、このまま悪い地主を正体不明の流れ者がやっつけて、女を抱いて、街から去ってくれてかまわない、宇宙人来なくていい、とか思ったんですが、その西部劇にSF劇が融和する宇宙人襲来のシークエンスもまた素晴らしい画作りで、前述の思いは覆される。

何でも、この映画を制作するのにあたり、制作に名を連ねるスピルバーグは監督のジョン・ファヴローにフォードの西部劇などを解説付きで見せまくったそうだ。そして、映画界では有名なフォードからスピルバーグに伝えられた監督としての最初の決断「地平線をどこに引くか」のエピソードをファブローに継承した、という。「それ継承する相手ファブローで大丈夫か?」と心配もありつつも、この映画でファブローが引いた地平線は素晴らしいと思う。ダニエル・クレイグが馬から宇宙船に飛び移るシークエンスは『駅馬車』のそれだ。『アイアンマン』は大好きだが、ファヴローは映画史には関わらないタイプの監督だと思っていた。どうやら、その認識は改めないといけないようだ。ハリソン・フォードがインディー・ジョーンズである事も(ラスト崩れる要塞から脱出するハリソン・フォード!)、ダニエル・クレイグジェームズ・ボンドである事もしっかりと引き受けている感じもいいんだよな。

かなりの部分を1回ズラしてあるのもいい。そもそもダニエル・クレイグが記憶喪失になっていなくても物語は支障なく進行するのだけど、そうする事で映画が単なる復讐劇ではない何かに変容している。ハリソン・フォードの使用人が主人への愛情を告白するシークエンスでも、通訳を挟む事で気恥しさを回避し、純粋に感動する事ができる。まぁ、そういったズラしの回収のせいで脚本がだいぶチグハグになっているわけですが。まぁ、そんな事はどうでもいいのだ。どんなB級感もスピルバーグが関わればどうにもその映画愛に包みこまれてしまうようだ。