青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

LIVE 森ゆにワンマン guest:ザ・なつやすみバンド

森ゆに、ザ・なつやすみバンドのライブを渋谷公演通りクラシックで鑑賞。森ゆにさんは初見だったのですが、もっとインディー界隈のシンガーっぽい雰囲気なのかと思いきや、歌のお姉さんのようなコンサート慣れしたMCが新鮮で素敵でした。「帽子」という曲がとても好きでした。彼女の曲は全然動画が上がってないようなので、王舟と七針で名曲「Thailand」を演奏した動画を。


森ゆにさんと言うと「発酵のうた」ですが。

これはザ・なつやすみバンドの4人がアカペラで披露していて、キュートでありました。ザ・なつやすみバンドはライブは当然のように素晴らしく、今回も初見のお客さんのハートをグッと掴んでいる様子。座席に座ってピアノライブを見るような客層でも!「パラード」を1曲目に持ってくる冒険のセットリスト。バッチリでした。ザ・なつやすみバンドはどこでライブしてもはまりそうだ。しっかし、「君に添えて」は本当に完璧な曲だ。メロディー、歌詞、進行、構成はもちろん、あの4人の奏でるフレーズが美しく折り重なるアンサンブル。早く多くの人に聞いてもらいたい。



しかし、森ゆにさんの演奏ゲストとして登場した関口将文さんのチェロは凄かったな。チェロっていうのはあんなにも雄弁で多彩な音色の出る楽器なんですね。そして、舞踏家の北原倫子さんも登場して、これはあのあだち麗三郎の名曲「ベルリンブルー」の動画の人がたくさんだ!と興奮する。





森ゆにさんのアンコールの際、ザ・なつやすみバンドの中川さんの生ピアノによる「ゆうびんやさん」のデュエットを聞くことができた。

素晴らしかった。まずもって中川さんの歌とピアノ、そしてソングライティングが素晴らしいのだ、と思い知らされる。何度も貼っている気がするけど、改めて貼りたい高円寺の八百屋さんで演奏された「外濠公演」という曲の動画。

この動画はもっともっと評価されていいと思うのだが。店主は野菜を売り、商店街を進む人、足を止める人、通り過ぎる自転車、暖簾は揺れていて、向いではおばぁさんが箒を掃いている。東京という街に鳴り響くアンビエントミュージック。「外濠公演」「ゆうびんやさん」は今、なかがわりさとMC.sirafuのユニットうつくしきひかりのライブで披露されています。音源化が待ち遠しいですね。うつくしきひかりの3曲入り500円の1stEP『うつくしきひかり』は絶賛発売中ですよ。ライブ会場とか円盤とかJET SETとかサンレインで買えるはずです。マストアイテム!