青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

マームとジプシー『Kと真夜中のほとりで』

私たちはどんどん忘れていってしまう。あの未曾有の大震災の事を忘れようとしている。いや、そもそも私はあの震災に関して部外者であったように思う。もちろん、たくさんの不安や悲しみを感じ、疲弊した。しかし、私はやはりあの震災に対して責任を負えていない。被災者の人々の悲しみを体感できるわけでもないし、かといって(いや、だからこそか)被災地に赴きボランティア活動に励む事もしていない。部外者だ。これが被災地に知人がいれば違っただろうか。いや、同じだろう。私たちはどんどん忘れていってしまう。それが例え亡くなった親族の事、自殺した友人の事、別れた恋人の事、であろうと。記憶は薄れていってしまうのだ。忘れていってしまう事にいつもどこかしら後ろめたさを感じながらも日常を生きている。


これはいささか思慮に欠いた、だが素直な、私の震災後の感触。マームとジプシー『Kと真夜中のほとりで』という作品にもそんなフィーリングが貫かれているのでは、と感じた。忘れかけていた事を、忘れてはいけない事を、執拗なリフレインと役者に重度の負担をかける運動で、描写する。繰り返される真夜中。2時間という長尺をかけて、強度を上げていきながら繰り返されても、それでも私たちは忘れてしまい、すれ違っていく。しかし、この『Kと真夜中のほとりで』という作品にはすれ違っていく時、どのような言葉をかければ真夜中を終えて、朝を迎える事ができるのか、が刻まれていたように思える。


リフレインに加えて、前作『塩ふる世界。』で取り入れた爆音の中でプリミティブなダンスという手法を15人という大人数で行う凄まじさ。細部に目を当てるとちょっとハテナマークがあがる所はあれど、とにかく感情を舞台上に持っていかれてしまった。沼田実子が爆発してからの後半は涙が止まらなくなる。何気ない演出にすら涙がポロポロ出てくるのでちょっとたじろぐ。3/11以降の表現作品がほぼ全て「震災後」というファクターで通されてしまう事に嫌気がさしていたのだけど、『あ、ストレンジャー』『帰りの合図、』『待ってた食卓、』『塩ふる世界。』と一貫して「震災後」の世界を描いていた藤田貴大の集大成を見る事で、やっとその違和感がぬぐい取られたような気持ちだ。


余談。このエントリーにタイトルをつけるとしたら当然、岡崎京子の『ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね』だろうか。

ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね

ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね

そういえば、マームとジプシーの劇には「何だか、何だか、なー」というセリフが多用されている。後、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』や『それでも、生きてゆく』との共鳴も感じたし、何と言っても岡崎京子『チワワちゃん』だろう。しかし、毎度の事ながら簡素な舞台上に「街」や「家」が浮かび上がらせる手法はキレを増している。