青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

気になる音楽、映画

と言うわけでJames Blakeの来日公演凄いよかったです。これは今度の来日公演がエビ中とかぶったら悩んじゃうなぁ。本当に気絶者が多かったようなのですが、フロアで倒れてもすぐに数人で「大丈夫ですか?」と救出するチームワークのよさ素晴らしい。

いや、このバックの2人もすんごいよかったんだよなぁ。あのサウンドを人力で再現するのかっこよすぎ。




昆虫キッズの次出る音源にMC.sirafu氏が参加するそうな。これは凄い。更には片想い、昆虫キッズ、スカートの3バンドでライブイベントを行うそう。こいつは必見だ。

『両想い』
出演:昆虫キッズ, スカート, 片想い
2011年12月11日(日)
開場:15:00 / 開演:15:30
■料金:予約 2,000円+1drink(500円) / 当日 2,500円+1drink(500円)



ceroのアナログ『武蔵野クルーズエキゾチカ/good life』がついに店頭発売を開始。しかし、即日売り切れ店舗続出らしい。 これは由々しき事態。まだゲットしていない人は何としても入手して頂きたい。ceroの軽やかさは貴重だ。どうしても星野源の新作にまとわりつく重たさが気になって聞き込めなかったので、ceroのこのシングルにはだいぶいい気持ちにさせてもらえた。最近改めてじっくり「大停電の夜に」のPVを観てそのすばらしさに参ってしまった。

電車の運動と街の灯りがとても美しく撮れていて。そして、改めて名曲だな。







Tomato n' Pine「なないろ☆ナミダ」をすっかりチェックし忘れてた。安心しますよね、トマパイって。今のところ出てる音源は全て買い、でしょう。

なないろ☆ナミダ

なないろ☆ナミダ

旅立ちトランスファー

旅立ちトランスファー

キャプテンは君だ!(通常版)

キャプテンは君だ!(通常版)

Life is beautiful(DVD付)

Life is beautiful(DVD付)






TLで凄い勢いで話題になっていたCzecho No Republic聞いてみたんだけど、結構いいですね。

Maminka

Maminka

riddim saunterの穴を埋めてくれそうな。海外のシーンと共鳴しながらドラムがリードしていく軽やかなミュージックだ。







土井玄臣の『んんん」』に続くニューアルバムがもうじき完成するらしい。楽しみだ。『それでも春を待っている』というタイトルだそうだ。11/5のレコ発フライヤーも完成したそうで実に楽しみなのである。

MESKAOSKAは体調不良で不参加になったそうだが、代わりに土井さんの盟友が参戦するそう。ソロ名義の中川さん(fromザ・なつやすみバンド)は貴重ですよ!大阪楽しみである。







映画のこと。いまおかしんじの新作『おんなの河童〜UNDERWATER LOVE〜』のカメラがクリストファー・ドイルだと今更知って俄然観たくなる。今月中にポレポレ東中野に行こう。『スパイ・キッズ4D』『ステイフレンズ』『グレン・グールド 27歳の記憶』も観たい。溜まってきている。やっと仕事が緩やかになったので劇場に足しげく通ってみよう。秋になったので小津安二郎が観たくなる。そういえばタイトルに秋がつく作品が妙に多い。『秋日和』『秋刀魚の味』『小早川家の秋』『麦秋』など。今日はとりあえず『宗方姉妹』を観た。



ニコニコキングオブコメディ 冗談にもほどがある! [DVD]

ニコニコキングオブコメディ 冗談にもほどがある! [DVD]

なかなかおもしろかった。パーケンのトークスキルの高さは滑舌さえよければお茶の間にとどろいただろうに。