青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

JAMES BLAKE JAPAN TOUR 2011

James Blakeの初来日公演に行ってきた。

震えるほどに素晴らしかった。脳に心臓に口に鼻孔に直撃する凄まじい重低音、文字通りに「震える」である。私の隣で観ていた人が全くもって新しい踊り方を始めるので「わぉ、君だけのダンスのやり方だね!」とか思っていたらそのまま気絶された。なんでもTwitterによると気絶者は他にも続出していたらしい。重低音と照明にあの美貌じゃしかたあるまい。James Blakeまじかわいい。

凄まじい重低音を伴う複雑なリズム、そして幸福感溢れる轟音にJ.S.バッハすら想起させる美しいソングライティングが同居しているのが恐ろしい。そしてあの歌声だ。鍵盤のみで歌われた2曲を聞くだけでも、彼が時代の先端を走るサウンドクリエイターというだけでなく普遍的な魅力を持ったシンガーソングライターだという事を痛感できる。歌われているのは、圧倒的な孤独。彼は恋に落ちた事すらないそうだ。個人的にJames Blakeのあの孤独感の由来はゲイとか童貞とかインポテンツとか何かしらのセクシャルマイノリティに由来するのではないかと思っている。しかし、楽曲において「他者との断絶」や「孤独を受け入れる事」や「愛の限界」を描けば描くほどに、逆説的に愛への欲求を歌っているように聞こえてくる。ステージ上で、孤独な極北の彼岸のような場所に連れて行ってくれるサウンドスケープが鳴らされる時、そこに満たされていたのは光であった。



ライブでもフロアを沸かせた「CMYK」などを収録したアナログ盤『CMYK EP』と『Klavierwerke EP』のMP3データがamazonで買えるのな。知らなかった。マストバイ!
[asin:B005OLLBL2:detail]
[asin:B005OLMTNQ:detail]