青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

四つ子『四つ子の宇宙』

思う。
前田司郎(五反田団)、岩井秀人(ハイバイ)、松井周(サンプル)、江本純子毛皮族)、それぞれが劇団を主宰・脚本・演出を手掛ける4人。同時に役者でもある彼らが一堂に会してお芝居をする。“お楽しみ会”的なオムニバス公演を想像していたのだが、見事に裏切られた。エチュード(即興劇)で秀逸な会話劇を繰り広げながら、本格SF劇を展開していく。任務で40年間の宇宙旅行に飛び立った4人は、30年間をコールドスリ―プで過ごし、船の運航点険当番を交代で行う為、10年間を1人で過ごす事になる。王道中の王道なSFだ。10年間を1人宇宙で過ごす、この途方もない窮屈さをベースに、作家4人の底意地の悪さと少しの優しさが加わって深みのある演劇が作り上げられていました。4人の作家のエゴが強烈にぶつかり合いながらも綺麗な1本の作品となっている様はちょっとした奇跡だ。こういうオールスター物がよかった試しはほとんどない気がするので。岩井秀人の役者としての凄味、前田司郎の天性のかわいさ、爆発力のある江本純子、まともそうでいて実は1番頭がおかしい松井周が堪能できました。


アフタートークもなかなか聞き物だった。特に印象に残っているのは江本さんが劇中にぶっこんだ「そんなジプシーみたいな暮らし続けて、マーム心配」というマームとジプシーいじりに、岩井さんが「本気で意識してると思われたら恥ずかしいし、江本さん見てないじゃん!」ってやりとり。