青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

MESKAOSKA「Delicate」

以前も何回か書いた事のある黒沼英之というシンガーソングライター。
彼がMESKAOSKAという名前で活動を開始するらしい。

MESKAOSKA?メスカオスカ?なんだそりゃ。と最初は思いましたが、意外と覚えやすい名前だ。色んな意味が込められているのかも知れないけど、自分が最初に思い浮かべたのは「雌か雄か」。性認識すらあやふやである、と言ったような妙な居心地の悪さや世界での生き辛さが彼の歌からは滲み出ているような気がするから。そういった感情が美しいPOPSとして昇華されいる所が素晴らしいと思う。マイノリティー達の悲しみをそっと包んでくれるような。これは槇原敬之なんかにも共通して感じる魅力である。そして、肝心のMESKAOSKAの楽曲である。Damien Rice「Delicate」のカバー。ライブではピアノでの弾き語りで披露されていた楽曲。これには驚いた。いよいよ日本からJames Blakeの解釈が登場した、という感じだ。槙原敬之とJames Blakeのミッシングリンク。なるほど、実はその2アーティストの底に流れるフィーリングというのはそう遠いものではないのかも知れない。