青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

秋のパンケーキ

最近のこと。

ロイヤルホストのパンケーキは本当に美味しい。あの運ばれた時から溶けかけていて液体と固体の中間に位置するバターこそが正義だ。しょっぱいバターに甘いシロップが絡まり醸し出されるハーモニー。何よりレンジでチンでなく、注文されてからしっかりと焼き上げる生地が美味い。こういったコストを削減しない企業こそを支持したい。少し前には500円でそのパンケーキ食べ放題なんていう企画もやったな。かっこいいぜ。私の中のファミレスランキングはデニーズが着実に下がっていき、今やロイヤルホストの一人勝ちである。




最近読んだマンガ。
久住昌之水沢悦子花のズボラ飯」1巻を読んだ。

花のズボラ飯

花のズボラ飯

孤独のグルメ」の久住昌之が原作なので当然のように登場人物の一人語りがうるさい、最高。

凄いおいしそう。卵かけご飯。そういえばこれに載ってる鮭フレークマヨトースト真似してみたけど、おいしくなかったよ!
コミックボンボン」で連載されていた「OH!MY!コンブ」

育ちなんで、おいしい描写にはこだわりの強い世代ですよ!どうでもいいけど、「OH!MY!コンブ」って秋元康が原作なんですね。文庫化して欲しいぜ。



「幽☆遊☆白☆書」の文庫もついに11巻。

幽・遊・白書 11 (集英社文庫 と 21-15)

幽・遊・白書 11 (集英社文庫 と 21-15)

残すところ1冊。小学生の当時、幽助の「魔族大隔世」ってのがいまいち腑に落ちなかったものです。仙水編の後半あたりから、絵が荒れだしてかなりラフなんだけど、それがまたスタイリッシュでかっこよく見えたなぁ。ベタですが、軀と飛影の関係性とか好き。富樫先生、軀は滅茶苦茶気合い入れて書いてるよなぁ。

魔界統一トーナメント編もっと続けて欲しかったな。



岡崎京子「森」

岡崎京子未刊作品集 森 (フィールコミックス) (Feelコミックス)

岡崎京子未刊作品集 森 (フィールコミックス) (Feelコミックス)

ヘルタースケルター」後に執筆されていた未完の「森」の第一話と単行本未収録作品をまとめた作品。これが、構造も細部も実に村上春樹チックで拍子抜けしてしまった。

「ねぇ? 君っているんだね」
「いるわよ 何のこと?」
「何でもないよ いるんだなあって」

これは結構きつい。ボリス・ヴィアンやって、「ヘルタースケルター」書いた後に村上春樹やる必要なんてないじゃろ。早く今の岡崎京子読みたい。祈る、復活。80年代の作品とかは単純に楽しくていいなぁ。




最近聞いているのは、Nat Baldwin「People Changes」、宮崎貴士「少太陽」、スカート「エス・オー・エス」、Atlas Soundとすきすきスウィッチです。




来月出るとういう埋火のニューアルバム期待。
埋火「溺れる魚




後、もっぱら私立恵比寿中学ですね。こないだもライブ見てきました。スターダストのおかげで最近はよくお台場に行きます。まもなく発売のシングル「もっと走れっ!!」に収録の3曲どれもよかった。「もっと走れっ!!」は先輩ももいろクローバーの「走れ!」を意識しつつ、メンバーへのメッセージも込められつつ、の楽しい運動会ソング。歌詞ちゃんと聴いてないから適当言ってますけど。早くじっくり聞きたい。
「また明日...」

この曲とかね、泣いちゃう感じなんですけどね。伝わるかなぁ。とりあえず、今凄まじい勢いで動員を伸ばしているので、今のうちに近くで見ておくべき。別に青田買いとかじゃなくて。近くで感じておくべき、ということです。



昨日からいまさら「それでも、生きてゆく」を見てるんですけど、あれ大傑作ですね。1話見るたびに震えてます。これは感想書いてみたい。