青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました

川崎市に9/3オープンした藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。素晴らしいですよ。改めて藤子Fキャラクターデザインの完成度の高さを思い知りました。キャラクターの愛くるしさ、楽しさを心行くまで体感できる場所です。また、F先生の書斎のように細部までギューっと好きな事が詰まっているワクワク感を味わえる素敵な場所であります。



写真貼るだけのレポなので、これから行く予定の人は見なくてもいいかもしれません。

向ヶ丘遊園駅もしくは登戸駅からのシャトルバス。ナンバーの2112はドラえもんの生まれた(る)年ですね。

中も楽しい。
つり革

降りますブザー

椅子(チンプイが!)


側面も楽しいのです。
ジャイアンスネ夫オバQの夢の共演!スネ夫は猫型ロボットには驚かないけどオバケには驚くのだ!

ブタゴリラもしっかり捕獲。

かわいいよ。ジャイアンブタゴリラどっちがつおいか問題そろそろ解決したい。でもやっぱりジャイアンでしょうね。あいつまじ冷酷になれるから。




ミュージアムに着くと、チンプイがシャトルバスに運行時間終了の早さを謝罪。かわいすぎて動揺するレベル。



どこでもドアに空き地と土管というアイコンもばっちり配置されております。写真撮影の1番人気スポット。



噂に聞く、綺麗なジャイアン。これはややマニアックか、と思いきや原作やアニメでも人気エピソードで有名みたいですね。フィギュアも出てたし。



手動で徐々に浮かびあがってくるジャイアンは本当に美しかった、本当だよ。



よりマニアックなところになりますと、ミュージアムを囲む森にジャイアンが捕獲したツチノコや、「キャンピングカプセル」が生えてたり、「のび太の大魔境」の巨神像、ジャングル黒ベエが潜んでたりするあたりでしょうか。
後、「コエカタマリン」で1番乗り易いワの字を堪能するのび太




マンガを自由に読める広場

みんな本当に堪能しててかわいかったな。



エレベーターの標識とかもいちいちよいのだ。


トイレの標識はミツオ(パーマン1号)としずちゃん

中にもたくさん楽しい標識が。全てのトイレでバリエーションが違うようでしたよ!



激混みのレストラン。まず、入ったら向い予約番号をもらうことをオススメします。必ず行ったほうがいいです。楽しいから。
ジャイアンカツ丼!

暗記パンのフレンチトースト

飲み物は「ウソ800」

ハーブティーでハチミツを入れると色が変わります。

まずくない!これからもずっとウソ800飲み続けたい!味しませんでした。


ナプキンも箸入れもかわいいんだ、チクショー。



こうなってくるとグッズショップなんて行ったらもうダメです。金銭感覚が壊れます。
チンプイとO次郎という2大アイドルのピンバッジに、初登場時のデプっとしたドラえもん(まだどら焼きじゃなくてお餅が好きな頃!)のマグネット。

超イカすジャイアンのポストカード。この表情!マストアイテムです。

そして、チンプイのぬいぐるみ!イェーイ。後悔なんてしてない!ガチャガチャが置いてあるのはサイズ感をお伝えするためです。決してガチャガチャを買ってもぬいぐるみは出てきませんのでご注意ください。

集合。

他にも欲しいものたくさんあったな。本当は魔美たんのフィギュアが欲しかったことは内緒だ。魔美、しずちゃん、エリちゃん、スミレちゃん、美代ちゃん等の夢の共演ファイルとかもありました。コロ助の何かも買っておけばよかったな。




宿河原駅のローソンにも足を運んでみました。こんな感じ。

みんな普通に気にせず買い物してましたけどね。宿河原なんだか不思議な雰囲気の駅でとても気になります。


超楽しかったなぁ。そして、このブログ細長いから写真貼るの向いてない、という事に気がつきました。とりあえず行ったほうがいいですよ!藤子・F・不二雄ミュージアム。なんと入場料1000円!しかも館員さんたちのホスピタリティ精神の高さも素晴らしいです。4時からの入場のチケットを買ったんですが、2時間じゃ全く時間足りませんでした。見れてないものたくさん。年内にもう1回行く。次は藤子不二雄ランド作って!