青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

フジロッ久(仮)「コワレル」

所沢航空記念公園にて開催された常夏フェスのトリを務めたフジロッ久(仮)のライブが素晴らしかったのだ。

バンドのフロントマン藤原君のソロライブを見た時は正直言って全くいいと思わなかった。バンド名も意味わからないので敬遠していたのですが、これは何事かと思うほどよかった。



メンバーは全身ピンクタイツ、ももクロTシャツに黄色いしおりんハチマキ(最高じゃないか)、のび太ばり短パンのグラサン野郎、ポッチャリ半裸長髪ギタリスト、パンクかぶれのエモい人、女性メンバーも頭にタオル巻いて何やら叫んでいらっしゃる。鮮やかなまでのはみ出し者達。そいつらがいっせーのせで大きな音を鳴らして、その音に合わせて同じようなはみ出し者達が狂ったように踊り暴れる。この圧倒的なまでの非生産的な運動!エネルギーの無駄使い!省エネとか関係ないからね!美しいなぁ。何たってきっとそのエネルギーの無駄使いによって、彼らはまた明日クソみたいな毎日を生きていくエネルギーを得ているのだもの。回り回るエネルギーの循環。



銀杏BOYZとかもういらないじゃん、とか思ってしまう。*1なるほど、調べてみたらフジロッ久(仮)銀杏BOYZの2005年のツアーに抜擢されて名をあげたバンドらしい。もう本人たちからしたら銀杏BOYZの名前を出されるのはウンザリなのかもしれないな。とは言え、今年初頭に出たファーストアルバム
フジロッ久(仮)「コワレル」は

コワレル

コワレル

銀杏BOYZ経由なのを隠す気がない名盤だ。核となる曲が9分とか長いところまでおんなじ。その「西尾久25時」「夜の焼ける音」「はたらくおっさん」はアホみたいに名曲だ。他の曲もよく練られている。「フジロッ久(仮)の(仮)のテーマ(仮)」「アナーキー・イン・ザ・あらかわ」「P.U.N.K」「勝手にスゥイング」最高だ。銀杏BOYZに間に合わなかった今の10代に捧げたい。こんな音楽嫌いで、言ってる事も全然共感できない僕だって夢中になっちゃうんだからね。


「はたらくおっさん」

とりあえずこれだけ聞いておこう。これぞ、キラーチューン。なつかしいなぁ、「あいどんわなだい」じゃないか。


ライブを見ていても感じたけど、無茶苦茶やっているようで実は物凄いポップで開かれているんだよなぁ。そこが凄い好き。あんな汚い音と見た目なのに、航空記念公園に普通に遊びに来ていた子連れ夫婦や老夫婦がどんどん会場に寄って来てたよ。おじいちゃんはリズムまで刻んでたんだ!フジロッ久(仮)のビートが世を埋め尽くす日は来るのか!?

*1:どついたるねんもいるし。でも、やっぱ聞きたいです銀杏の新譜。