青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

神聖かまってちゃん「8月32日へ」

神聖かまってちゃん8月32日へ」が素晴らしい。

8月32日へ

8月32日へ

8月32日、つまりは夏休み最後の8/31の次の日、終わらない夏休み。このアルバムに対して「ニート達の永遠に終わらない夏休みへといざなうアルバム」といった評をチラホラ目にした。「8月32日へ(行こう)」という事なのだろうが、僕は「(拝啓)8月32日へ」という風にこのアルバムを聞く。僕たちは生活していく中で、大袈裟に言えば二律背反な悩みにいつも苦しまされている。あの娘の事が好きだから、憎いし、会いたいけど、めんどくさいし、とか。音楽性、やり方を変えずに売れたいけど、メジャーレコード会社に売ってもらうなら変えなきゃいけない事もあるし、とか。そういうのに耐えられなくなって、傷つかないよう「夏休み」とか「炬燵」といった居心地のよい楽園に逃げこんでいたの子は、今回のアルバムで懸命にそこから抜け出す事、抜け出す意味を歌っている。
「映画」

そうだ僕は君を見たいのです 
あーあとで君を忘れたいのに
奇跡を1つ君に見せよう
準備はいいかい 3、2、1


「僕は頑張るよっ」

歩いたら歩くだけ 死ぬ確率はあがる
歩かなきゃとりあえず 人間はみんな死ぬ
みんな死ぬよ あっさり死ぬよ 僕は頑張るよっ yeah!


「26歳の夏休み」

いけないな 何にも感じなくなってきた 
だから僕 外に出て傷つけにいこうかな
なんていけないな 何も感じなくなってきちゃ
だから今 外に出て 切なくなりに行こうぜ 


つまり「8月32日へ」と題されたこのアルバムは自身を守り続けてくれた楽園、8月32日へのお別れの手紙なのである。しかも、男女の二律すら嫌い、自身をの子と名付け、ボイスチェンジャーで声すらいじくっていた人間からの、だ。実にエモーショナルな衝動をコンセプチャルにまとめ上げた美しいアルバム。何より、楽曲が美しい。の子の作詞作曲センスを甘く見ていた。言葉をメロディーに乗せフックを作る才能もズバ抜けている。とりあえず、我が国の久しぶりのロックスターは背負う覚悟をしたらしい。僕も頑張るよっ!