青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと

最近のこと。Mount Kimbieをよく聞いている。

CROOKS & LOVERS

CROOKS & LOVERS

CARBONATED

CARBONATED

James Blakeと並ぶダブステップの顔だそうで。国内盤が出ていない上に流通が悪いみたいで、タワレコに入ってきてもすぐなくなるし、amazonでも届くのに時間がかかるけど、マスト盤ですよね。「Carbonated」は3曲の新曲に、3曲のリミックスの6曲いりです。




そうだ、のもとなつよ様のもう1つのバンドSolid Afroが日曜日にオルグでライブした模様を竹内さんがYouTubeにあげてらっしゃった。

音源よりかっこいいな!そしてのもとさん可憐でらっしゃる。行きたかったなぁ。

Mexican Zombie

Mexican Zombie




マストアイテム、シャムキャッツ「サマー・ハイ」は24日発売ですよー

サマー・ハイ

サマー・ハイ


PVが発売前日にまだ上がってない!のでCM動画を。



しかし、マームとジプシーショックから抜け出せない。日本映画は今ちょっと停滞しているような感じだが、演劇とインディーロックは25歳前後からとてつもない才能が乱れ咲いています。まぁ、ようはマームとジプシー、バナナ学園純情乙女組、ロロとか昆虫キッズ、ceroシャムキャッツ、スカートとかなんですが。どれも若者が夢中になる要素しか持ち合わせてない。これを体験できるのは非常に幸せな事ですよ。




最近、増田こうすけギャグマンガ日和」を新しいほうから読み直してるんですけど、改めてうなりっぱなし。凄いすね。9巻

ギャグマンガ日和 巻の9―増田こうすけ劇場 (ジャンプコミックス)

ギャグマンガ日和 巻の9―増田こうすけ劇場 (ジャンプコミックス)

に収録の155幕「新撰組-池田屋事件-」とかアナーキー過ぎて本当に頭おかしくなるかと思った。増田こうすけはもうずっとこの「ギャグマンガ日和」をライフワークに書き続けて欲しい。



「CUT」9月号

Cut (カット) 2011年 09月号 [雑誌]

Cut (カット) 2011年 09月号 [雑誌]

宮崎駿鈴木敏夫へのインタビューがなかなか興味深い。パラっと読んだだけですが、「トトロ2」を骨組みまで作りかけたという話、「コクリコ坂から」の「先に死ぬんじゃないぞ」という台詞に宮崎駿が泣き腫らしたという話、震災以後「エヴァンゲリオン」の最終話を作りあぐねているという話、そして宮崎駿の新作は関東大震災を描く、という!これは凄い覚悟。楽しみ過ぎる。まだまだ死なないで欲しい。



絶叫マシーンに乗れるようになった。幼少時代「父親が苦手だから」という理由で勝手に絶叫苦手の烙印を押されたものの、素直かつビビりだったので、その照合を受け入れてずっと乗っていなかったんですけどね。あの嵐も「怖い!」と太鼓判を押したというよみうりランドの「バンデット」「ホワイトキャニオン」も出発前は怯えに怯えながらも楽しむ事ができました。あんな長いジェットコースターあるのな。よみうりランドといえば、ももクロライブですよね。ほんと最高でしたよ!感想書きたい。