青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

LIVE THE PYRAMID / NRQ / 高城晶平

南池袋ミュージックオルグにてLIVE鑑賞。1番手のNRQはいつ見てもかっこいいけども、今日はまた一段とかっこよかったなぁ。中尾勘二さんのドラムをあの距離を聴くことができるのはとても幸せなことだ。いやーアドレナリン出ました。グルーヴが可視化されるような演奏ってあるよね。



そして、ceroの高城晶平のバンドセットライブ。メンバーはNRQ+issy(from片想い)という豪華布陣。


ソロ曲はより言葉が入ってきて、風景が香りたってくるようだ。そこに色をつけていくバックの演奏も素晴らしかった。そして、この夜の最大のトピックはs.l.a.c.k.の「NEXT」のカバーだ。

素晴らしいソウルシティポップスだった。ceroとs.l.a.c.k.が共に今の東京の最新のシティポップスである事の証明だ。これは、東京のミュージックシーンの大きなターニングポイントになるのではないか。シーンのクロスオーバーが見えた。ceroとPSGのツーマン、昆虫キッズと般若のツーマン、全然ありだ。しっかし、「NEXT」のビートを中尾さんのドラムで、そして旋律を牧野さんのギターで聴けるなんてすっげぇ事だよ!目撃できて本当によかった。高城さんはtwitterで何日か前に

takagikun: S.L.A.C.K.の歌詞をわけあって文字に起こした。 文字にしてみると、S.L.A.C.K.の独特のRAPのフロウの理解が深まる…。 面白い作業だった。

とつぶやいてたんですよね。この日のためにだったのか。しかし、まじめで素敵!