青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと

ふと歌ってみた小沢健二「すぐに会えるかな?」が改めて名曲過ぎてうれしくなった。

あてもなく あてもなく 獲物を探すよ狩人
感じてる 感じてる お互いがそばに居ること
津波 風 嵐 雨を願い祈る人に
月は満ちラピスラズリ明るく照らすよ航路を
お互いの お互いの強さをしっかり掴みたい
荒れ果てた街からも優しい手紙が書けるように

とても軽やかな曲調で歌われているので、聞き流してしまいそうだが、めちゃくちゃ大きい歌だ。



バクマン。」の14巻はついに悪役が登場。

バクマン。 14 (ジャンプコミックス)

バクマン。 14 (ジャンプコミックス)

当然おもしろい。でも、悪役が出てこないのに異様に面白いのが凄みだったので、少し残念でもある。しかし、10冊超えてもおもしろいな。凄いぜ、ガモウ。「デスノート」1、2巻を初めて読んだ時の興奮って忘れられないなぁ。「ワンピース」のエース編以降の勢いの急降下にちょっとクラクラするので少し距離を置きたいと思います。実は「HUNTER×HUNTER」を10巻くらいまでしか読んでいないのだけど、これは大いなる損失でしょうか。みんな好きだもんなぁ。



孤独のグルメ」が好き過ぎて繰り返し、繰り返し読んでいるので(絵の書き込み尋常じゃないですよね)、同じコンビの「散歩もの」も購入。

散歩もの

散歩もの

こちらもなかなか。「孤独のグルメ」より叙情的。深夜3時に井の頭〜三鷹公園を彷徨う回はその夜の街の描写も含めて実に素晴らしいので必読。



蓮實重彦黒沢清青山真治による「映画長話」を購入。

映画長話 (真夜中BOOKS)

映画長話 (真夜中BOOKS)

多分難しくてよくわからないだろうけど、これは読んでおかねばなるまいまい。ピクサー信者なのに「カーズ2」をまだ見ていない。ピクサー史上初の酷評を受けているそうだが、どうなのだろうか。ピクサーにはまだまだ神話を作り続けてほしいのだけど、次も「モンスターズインク」の続編なんだよなぁ。「忍たま乱太郎」と「2人のヌーヴェルヴァーグ」も見ておきたい。



先々週のめちゃイケで27時間を編集してくれてて助かる。矢部の「サッカー部時代の(先輩、後輩)の関係に戻ってきましたね。あの人の表情とか、優しさとか」に涙しない90年代育ちはいるのか。矢部の完走して最後の「おもしろったよね?」かっこよすぎ。おぎやはぎ爆笑オンエアバトルのDVDを見直した。

爆笑オンエアバトル おぎやはぎ [DVD]

爆笑オンエアバトル おぎやはぎ [DVD]

高校時代にこのビデオを見て、あまりに衝撃を受けダビングしてクラス中に貸して回った思い出がある。「これが俺のおもしろいと思うことだ!」と。10年前の作品だし、古びてやしないかとちょっと心配になりながら見たのだが、ピカピカだった。大笑いした。「これが俺のおもしろいと思うことだ!」シリーズではねトび最初期のロバート秋山を見た時も周りに同じことをしたなぁ。



岡村靖幸の復活作がセルフカバーアルバムでしかも2枚も出すってのがなんだかダサくてがっかりです。

「だいすき」の新録、悪くないけど、別によくもない。前と同じ土俵で再録しても新録のほうで聞こうとはならないでしょ。無茶苦茶ドラッギーな煙くさいビートで再録とかだったら、おもしろかったのに。



グレン・グールドベートーヴェンの「悲愴」とか「月光」を弾いてるやつ。タワレコが「マスト!」って言うから買ったけど、そこまでよくなかった。グールドはベートーヴェン嫌いだったらしいね。しかし、ジャケットはやはりかっこいい。

ベートーヴェン:悲愴・月光・熱情

ベートーヴェン:悲愴・月光・熱情

ブラームスの「4つのバラード」のがよかった。
ブラームス:4つのバラード

ブラームス:4つのバラード

間奏曲と共に睡眠前のヘヴィーローテーションに。相変わらず全部780円ですよ!