青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

『BIG SOUVENIR』in所沢MOJO


所沢MOJOにて、ジオラマシーンと片想いのライブを見てきた。ジオラマシーンとはceroのギタリスト橋本翼によるユニットであります。今回は8人編成でのライブ。うち6人が片想いメンバー。素晴らしかった。本当に素晴らしかった。先日、地上から220mlの高さから夜の東京を見下ろした。街の灯りは嘘みたいに美しく、動く車や電車は何かの導きのもとに動いているようで、東京の全てがジオラマのようだった。ずーっと俯瞰して街を観ていると、なんだか神様が側にいるような時間が流れる。ジオラマシーンのライブを見ている間ずっとその幸せな時間を想い出していた。ギターやベースや管楽器の音色とメロディーがジワジワと熱を帯びていく感じはどうしても小沢健二を彷彿とさせた。あの小さいな空間であんなにも濃密な表現を体感できる幸せ。店の外の国道から漏れてくる車のライトすら愛おしくなるような、そんなライブだった。ジオラマシーンに急いでアクセスしよう。知らないでいるなんて大いなる損失である。



片想いのライブを観ることができる、というのが東京近辺に住み続ける理由になるだろう。なんていう暴言を吐きたくもなる。多幸感とは何か?美しさとは何か?音楽とは何か?という答えが片想いのライブにはあるのだ。

片岡シンという人の圧倒的なパフォーマンス力を思い知らされるライブだった。オラリーさんのキュートさも忘れてはいけない。誰が考えているのか知らないのだけど、入れる合いの手がいちいちフックになってて、それはもう往年のつんく♂に匹敵する勢い。全曲が名曲という凄まじさなのに、現在手に入る音源がないというはがゆさも、もう気にならなくなってきた。片想いが作る空間に足を運べばいいのだ。