青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

穂村弘×西加奈子トークショー

青山ブックセンターで行われた穂村弘×西加奈子のトークショーに参加してきた。さすがの青山だからか客層は綺麗なお姉さんばかりでした。男性の読者はやはり少ないのか、単純に行動力があるのが女性なのか。

君がいない夜のごはん

君がいない夜のごはん

のイベントだったので、食にまつわるお話を中心に。2人の選ぶ「食べ物の本」なども。穂村さんの選んだ花輪和一刑務所の中』(獄中での甘味!)
刑務所の中

刑務所の中

高野文子るきさん』(図書館で焼きそばパン!)
るきさん (ちくま文庫)

るきさん (ちくま文庫)

などの、シチューエーションと食べ物という括りでのトークがおもしろかった。その決定版として、久住昌之・谷口時ジロー『孤独のグルメ
孤独のグルメ (扶桑社文庫)

孤独のグルメ (扶桑社文庫)

を挙げておりました。あぁ、たまらなく好きだ。「秋葉原のベンチで万世のカツサンド」「池袋西武デパートの屋上でさぬきうどん」「石神井公園カレー丼とおでん」「西荻窪の自然食レストランでおまかせ定食」とか、もういちいちそそる。穂村さんもおっしゃってましたが、僕も吾朗さんと活動範囲がかぶってるんですよね。中央線〜練馬〜池袋周辺といった感じで。1番好きなのが、コンビニで白飯にうずらと牛肉の中華風、たまご焼き、コンビーフ、きんぴらごぼう、魚肉ソーセージ、味噌汁、おでん、と買いまくって机に並べて「うわぁなんだか凄いことになっちゃったぞ」とか言う話。

汁物かぶった、卵系かぶった、とか後悔するのもたまらなくいいですね。主人公がお酒飲めないのも好き。穂村さんも全く飲めないらしい。角田光代さんに「お酒を飲めないのにどうやって女の子と仲良くなるの?」と聞かれて困ったそうな。同じ飲めない人でその「公園に行く」みたいな事を言ってる人がいた、と穂村さんが話をしていて、その感じ凄いわかります。トーク後、穂村さんに伝えたら、「公園マップ携帯しましょう」と言われた。なるほど。西加奈子さんはお酒飲みらしくて、飲めない人が飲み会に来るのであれば、お酒は飲まないにしてもお代わりのタイミングは合わせてウーロン茶頼んで欲しい、と。無理!膀胱破壊されます。



泉鏡花が「チョコレートは蛇の味がする」と書いていたのにグッときますよね、というお話もあった。そういえば、映画『水の旅人』でも「チョコは蜘蛛の味に似ている」みたいな台詞が出てきたけど、元ネタは鏡花だったのかぁ。



カフェでデートをしていて、彼女のケーキにハエが止まった時にどういう対応をするのがベターか、というトークテーマも。こういう試しを何回もこなさないといけないので恋愛は途方に暮れる、という話は凄いわかる。こう、なんか減点方式な気がしてしまいますよね。常にポイントが削られていく感じに滅入る。

どうして書くの?―穂村弘対談集

どうして書くの?―穂村弘対談集

で語られていた

女性には、まるでスタンプがたまって何かが満期になったかのように、付き合っている男性への対応が激変することがありますよね。どう訴えたところでメインスイッチが切れてしまった以上、他のスイッチを押してもつかない。

これが怖い。そこから、西加奈子さんが、東野幸治の奥さんが、東野と食事をしてる際、「食べ方キモっ」とゲロを吐いた(比喩とかでなく)、という話を披露。満期になるとそこまでくるのか。恐ろし過ぎる。でも東野さんは再婚したんだもんね、凄いや。




トーク終了後サイン会。前回の時より穂村さんから積極的にお客さんに話しかけていて、ビックリした。以前はずっとプルプル震えていたのに。今回も『ラインマーカーズ』から短歌の句をチョイスして書いてくれました。

「写真、1枚もないんだ、ごめんね」とチューインガムの匂いの夜に

から「チューガムの匂いの夜に」と書いてくれました。凄い、これはまさに僕です。