青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

平賀さち枝『さっちゃん』リリースパーティ in 7th floor

平賀さち枝『さっちゃん』リリースパーティーに行ってきた。場所は渋谷7th。対バンは王舟、ミラーボールズ
1番手の王舟が素晴らしかった。店内が混んでいてステージが全く見えなくて何人編成だったのかよくわかなかったけども、oono yuukiとmmmがいたのは確か。豪華絢爛。前回見た時は歌と各楽器が並列に鳴っていて、それはそれでおもしろいグルーヴだったのだけど、今回は歌が立っていた。本当に滋味溢れる歌声だ。王舟が歌い、mmmのコーラスが添えられた電気グルーヴ「虹」の人力カバーなんてそれはもう素敵に決まっているわけで。「THAILAND」の既にスタンダード然とした佇まいよ。曲名知らないけど、1曲まだ音源化されてない凄いいい曲があるのよね。早く持ち歩いて聞きたい。




さっちゃん

さっちゃん

名盤をリリースした主役、平賀さち枝は小さくてキュートな女の子だった。

oono yuuki、chanson sigeruに支えられた素晴らしい歌声と節回しを披露してくれました。平賀さち枝の歌を聞いていると、女の子を追いかけても追いかけも、追いつかない、みたいなイメージに襲われる。その感じは嫌いじゃないのです。音源で聞く以上にPOPに響いた。アルバム未収録の「江の島」などを聞いていると、本当に彼女は荒井由美ひこうき雲」後の「COBALT HOUR」を鳴らしてくれるんじゃないか、と期待が高まったのでした。中盤に「ライバルだと思っている」とYUIの「CHE.R.RY」のカバーを披露。超絶かわいかったので、「あーあんな娘がサークルにいたらよかったよね」と大学時代の友人と零し合う渋谷ロイヤルホスト



会場では平賀さち枝本人セレクトのBGMが。耳をすますと聞こえてくるのは小泉今日子「My Sweet Home」じゃないか。

大好き。そして、「あなたに会えてよかった」からももいろクローバー「走れ!」、Perfumelove the world」「ワンルームディスコ」。ふむふむ。「平賀さち枝singsアイドルSong」ってイベントやりませんか。というか、やってくれませんか。いや、まじで。