青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ザ・なつやすみバンド LIVE


最近、ザ・なつやすみバンドのライブがとてもよいのだ。サウンドの核を担っていたギターの脱退、そしてMC.sirafu氏の加入。試行錯誤が見てとれるライブもあったが、バンドはついに一皮向け進化したようだ。以前の彼女たちの楽曲は、過ぎ行くモラトリアムへの鎮魂歌のように響いた。そして、今バンドは祝福のメロディとビートをまとい、

悲しみは夜を越えて 距離を飛び越えていくよ

と歌う。うれしくってちょっと泣きそうになる。彼女たちのいう「夏休み」とはもはや逃避ではなく、生きる力だ。新曲達はことごとく素晴らしい。知ってる曲だけで作られたとしても、1stアルバムは名盤です。圧倒的なポップセンス。これらが「みんなのうた」として鳴り響いて欲しい。いきものがかりの代わりに彼女達の歌がテレビから流れる時が変わり目だ。かつ、オルタナティブな香りもまとう彼女達は全方位的!ライブ後、魅了されたお客さんたちからよく「クラムボン」という言葉を耳にする。また違うバンドだとは思うけど、すごい褒め言葉である事は確か。多分、みんな好きになるはず。ぜひライブに足を運んでみて欲しいな。