青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

バイロン・ハワード&ネイサン・グレノ『塔の上のラプンツェル』


ディズニー映画としてほぼ完璧な内容の傑作。どこまで関わっているのか定かではないが、ピクサージョン・ラセターがクリエイティブ・オフィサーに就任してからのプリンセスものは『魔法にかけられて』『プリンセスと魔法のキス』そして本作と、息を吹き返すどころか、過去の傑作する凌駕する勢いなのは確か。ラセターのその手さばきはウォルトを超えた、と言ってしまってもいいのではないか。


さて、本作だが快楽的なアクションをベースにミュージカルのように歌い踊る痛快活劇。歌い、踊る事が抑圧からの解放の運動として描かれ、人は何故歌い踊らざるをえないのか、という事をスクリーンに刻んでいる。また、年々その傾向は見られたが、今作でもプリンスの印象は薄く、更にはラプンツェルによる

あの人きっと私の事好きよ

という今までのプリンセスものを見慣れた者には「ん?」となる台詞によって完全なる女性上位時代の到来を告げた。とは言えまだ受け身な所がある。なんでもディズニーは「待つプリンセス」の代表格『白雪姫』をカンフー映画としてリメイクし「闘うプリンセス」へと変貌を遂げさせるつもりだそうだ。



しかし、この作品で何より心掴まれてしまうのは、この映画が「自分のために照らされる灯り」を求める光の旅となっている点だ。ラプンツェルは魔法の力で髪が光る誰かのための光源体であった。そして、その「自分のために照らされる灯り」を目の当たりにするボートでのシークエンスが圧巻。どういうわけだか突然、生きる意味や何故ここに存在するのか、といった事がクッキリとわかってしまう瞬間というものが確かにある(スチャダラパー「彼方からの手紙」にあるような「僕は全てを把握した」状態)。それがこのシークエンスには描かれている。その既視感とそれがあまりの美しい光と共に描かれている事に涙し、「ここで終わればいいのに」と強く願った。が、もちろんそんな事はなく、映画はこの後、予定調和な展開をしていく。とは言え、傑作である。絶対オススメの1本。