青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

シャムキャッツ『渚』


シャムキャッツがアルバム『はしけ』以来2年ぶりとなる全国流通盤シングル『渚』を発売いたしました。
覚悟しておいたほうがいい。もし、これを読んでいる君がまだあまり音楽に興味のない中高生だったりするならば、人生を変えてしまうような曲だ。ギターが鳴り出したその瞬間から心を掴んで離さないキッラキラのキラーチューンだ。Beach boys、Animal CollectiveTahiti 80Pavementスピッツサニーデイ・サービス、またVampire Weekendなどの昨今のインディーロック周辺、彼らが愛聴しているに違いない、そして僕らも大好きな音楽たちがシャムキャッツの音として浮かび上がる。風もある、波もある、そして、むせ返るような甘く美しい時間がある。鳴りやまないギターフレーズが甘い刹那を想わせる。時間は過ぎようとしている。その甘く美しい時間を彼らは陶酔や逃避や諦念としては歌わない。彼らが歌うのは

これから何をしようが勝手だよ

というあっけらかんとしながらも強い決意だ。全ての若者はこいつをリュックサックに詰め込んで、バスにでも乗ってどこか遠くに行ってみるといい。あんまり若くもないが、僕も今度そうしてみるよ。




シャムキャッツはこのシングル(1000枚限定!)でひとつ抜けるだろう。この曲は彼らにとってのくるりにおける「ワンダーフォーゲル」、スピッツにおける「青い車」のようなものになるに違いない。ceroに続いてシャムキャッツもきた。この国の音楽シーンは変わろうとしている。シャムキャッツの次のアルバムを震えて待つ!