青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

2/18 ザ・なつやすみバンドLIVE in秋葉原グッドマン

秋葉原グッドマンでザ・なつやすみバンドのライブを見てきた。ザ・なつやすみバンドは何度もこのブログで紹介していますが、都内を中心に活動する4人組みバンドです。

昆虫キッズの対バンに名前が載っていて、その日のライブは見れなかったのですが、あまりにキャッチーなその名前に惹かれ、検索し曲を聴いて1発で恋に落ち、ライブに足を運んでいるわけなのです。


素晴らしかった。初めてなつやすみのライブを見たのもグッドマンだった。グッドマンでの彼女たちの演奏はリラックスしていていつもよい。ホーム感があるのでしょうか。サウンドの大きい部分を担っていたギターが抜けて、新体制になったザ・なつやすみバンド。ついにしっくりきた。MC.sirafuさんはやcero、片想い、ザ・なつやすみバンドという僕の気になるバンドにことごとく関わっているし、天才だと思っておりますが、どうにも個性が強すぎてなつやすみに融和していないのではないか、という思いが少なからずあったのが正直なところです。今回のライブで、加入は大正解だな、との思いに変わりました。演奏もしっくりきたし、編曲やアレンジが冴え渡ってた。そして、やはりあのスティールパンやトランペットはお客さんへの大きい引きになる。


とにかく何といっても曲がいい。今出ている音源に入ってない曲を6、7曲ほどライブで聴きましたが、ことごとくいい。本当によいんです。このソングライティングのセンスで、この知名度に留まっていていいのか!とヤキモキしてしまいます。「またあしたjourney」なんてタイトルセンスも抜群ですね。この曲がまた新境地。ぜひライブで聞いてもらいたい。リズム隊の2人の存在感がどんどん出てきてるのがよいですね。この2人のキュートさも大いなるバンドの魅力だと思います。コーラスグループとしてもどんどん魅力的になっていって、もうビーチボーイズみたいになっちゃって!「サマーゾンビー」「悲しみは僕をこえて」のキャッチーさにも打ちのめされたなぁ。あぁ、動画撮ってなかったのかな。みなさまに聞かせたい。音源期待。なんでも3月に「モノノケ大行進」というコンピレーションアルバムが発売されてそちらに2曲収録されるそうです。

モノノケ大行進

モノノケ大行進

それまではとりあえずちょっと前の新曲「自転車」をどうぞ。前にも貼ってますけど。

何よりも魅力的な中川さんの歌声。いつかブラウン管から聞こえてきたりしますように。