青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

ロロ『グレート、ワンダフル、ファンタスティック』


ロロの舞台『グレート、ワンダフル、ファンタスティック』を観た。若者(平均年齢23歳!)の発する確かな熱量が劇場に満ちていた。しかし、演劇観賞3本目の僕にはちょっと難しい。深読みしてください、と言わんばかりの台詞や動きの乱れ打ちは心地よいんだけどども、どうにも土台の物語の体裁が整っていないので乗りきれない。これは僕の演劇鑑賞力にも問題はあるのだろうけど。作り手のやりたい事、好きなモノ(サブカルチャー全般)が熱情として目に見えてくる快感はある。同世代感もある。でも、作り手も演じ手も消化しきれてないような印象が。ハイバイや五反田団を見た後なのでなおさらに。特に笑いの部分。借り物感が物凄い出てしまっているような。音楽はよかった。岡村靖幸「カルアミルク」をクラムボンがカバーしたバージョンのイントロのビートをループさせたものが開始前から会場に鳴り響いていて、劇ラストにてついに

後もう1回 あなたから 後もう1回の電話で 僕らは出なおせる

原田郁子の歌が流れだす。ループ(誕生日を繰り返す!)からの脱出を試みるその劇のフィナーレとして音楽が動き出すのだ。感動的すぎる演出だった。次も観てみたい。余談ですけど、ロロの女優さんたちはかわいい。同年代くらいのコミュニティにかわいい女の子がいたりするとむかついてくる僕の男子校マインドどうにかして。