青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

下北沢440 『ビルマの休日』奇妙礼太郎、原田茶飯事、moudouken、金田康平

下北沢440で開催されたイベント『ビルマの休日』を見てきました。

ビルマ原田茶飯事バンド)
奇妙礼太郎
moudouken(高橋翔from昆虫キッズ)
金田康平(fromTHEラブ人間)

なんという面子でしょう!これは当然駆けつけます。まず、1番手は金田康平。例えるなら剛速球のストレート。直球です。表現として力があっておもしろいんですが、楽曲はバンドで演奏してるものほうがキャッチーだし演奏がのることで更に輝きが増すなぁ、という印象。そして、彼にはやはりオーラがありますねぇ。



2番手はmoudouken。こちらは変化球。敬愛するバンド昆虫キッズのフロントマン高橋翔のソロユニットの初ライブでした。徐々にメンバーを増やし、ダンサーも2人入れてドラゴンアッシュみたいにするのが夢だそうです。MM4なる機材を使って超かっこいい音色を紡ぎだしていて、バンド以上にDeerhunter、Atlas Sounds寄りの音。高橋くんのギターまじかっけぇ。もう日本のブラッドフォード君の名は彼に。Deerhunterの来日の前座は昆虫キッズに!相変わらずとっつきにくい素敵なMCで

いつもはドラムがいてこういう時助けてくれるんですけどね

って言ってて、全昆虫キッズファンが胸キュンした(に違いない)。森田童子「僕たちの失敗」のカバーをしてた。




3番手はビルマ原田茶飯事バンド)!全く知らないバンドだったんですが、あまりにピースフルな演奏と楽曲のスマートさに感動。いいバンドです。なんか「バンドは今日で解散します」とか言ってたけど、ギャグなのかマジなのかはよくわかりません。いいバンドなのに。最後にやってた2曲がすんごいよかったなぁ。音源も購入してサインももらっちゃいました。また見たいな。そして、トリは奇妙礼太郎

今、1番好きなシンガーです。こないだはトラベルスイング楽団のライブに打ちのめされましたが、弾き語りでも最高だ。1曲目から「君が誰かの彼女になりくさっても」

前にも貼りましたが、この吉祥寺でのトラベルスイング楽団による「君が誰かの彼女になりくさっても」の演奏は何度だって見て欲しい。そして、「機嫌なおしてくれよ」

「この2曲やったら、僕はもういいんで後は適当に」みたいなことを言って始めたのが「リンダリンダ」(THE BLUE HEARTS)「やさしさに包まれたなら」(荒井由美)「赤いスイートピー」(松田聖子)といった日本が世界に誇るド名曲達。これをあの声で歌われるんだ。想像するだけでぶっ飛ぶでしょ?なんでも奇妙礼太郎トラベルスイング楽団で、今度出るユーミントリビュートアルバムに「ルージュの伝言」で参加するらしい。これは必聴ですね。定番の「サントワマミー」や「シャンゼリゼ」の素敵カバーも聞けて大満足。

昔の動画より今のが歌声に確実に艶とひずみが出てきているような。ほんとすげぇよ。関西ではたくさんライブやってるようですが、今月22日下北沢BASEMENT BARに奇妙礼太郎スイング楽団で出演するようです。チケットを求めよう!ちなみに音源はまだ2008年だか9年に出た1枚のみ。

KING OF MUSIC

KING OF MUSIC

こちらにキラ―チューン「機嫌なおしてくれよ」は収録されてますが、トラベルスイング楽団のメロウサイドはまだ正式音源には収録されない模様。2011年出るといいな。震えて待とう。上の動画の超超名曲「君が誰かの彼女になりくさっても」は関西のしゃかりきコロンブスというバンドの曲で、そちらは
君が誰かの彼女になりくさっても

君が誰かの彼女になりくさっても

に収録されています。しゃかりコロンブスもいい曲をたくさん歌ってるバンドです。ライブ見てみたい。