青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

『カクバリズムpresents』&『恵比寿から渋谷まで徒歩だと20分くらい』


12/28に渋谷O-nestで開催された『カクバリズムpresents』というイベントへ。お目当てはceroというバンド。今月リリース予定の1stアルバム『WORLD RECORD』が2011年のムードを決定づけるであろうことはほぼ確実!

WORLD RECORD

WORLD RECORD

ジャケットイラストは本秀康です。前にも書きましたが、いいですよcero。バンドの全貌はまだ把握しきれていないんですが、、はっぴいえんど細野晴臣YMOムーンライダース渋谷系をきちんと経過してきたTOKYOで暮らす僕たちの歌ですね。





12/29は渋谷gee-ge『恵比寿から渋谷まで徒歩だと20分くらい』に参加。昆虫キッズ主催企画。ライブ開始前に『ユウとユウコのために』のアウトテイク集『黒歴史』とライブDVDを購入し、ほくほく。こういうコレクター心をくすぐってくる所も憎い。物販の売り子さんがベースののもとさんだったのですが、あの人はやっぱり生物の中で1番かわいいですね。怖い。1番手の釘ロックの歌の巧さにびっくり。そして、2番手は初ライブのグレンスミス。素晴らしかった。音楽を紡いでる!という感じがしてドキドキしました。「10年前」「センセートセイト」「ファンタジーに気をつけろ」が特によかったなぁ。美しさってのには毒が含まれてなくてはいけないなぁ。

Roman Album

Roman Album

次のライブは1年後くらいかも、と宮崎さんがTwitterでつぶやかれておりました。残念だなぁ。そういえば、Twitterで宮崎さんが

この方のアンテナと見ている事と受け取っている意識が現在の若者文化度基準である、と思いたい、と、最近参考にしております

と、このブログのアドレスをつぶやいてくれてました。う、うれしい。3番手はoono yuuki。こないだとは編成が違い音もゴリっとしてた。熱量が高い。もうほんとあぁいう狭い所じゃなく屋外で聞きたい。トリは昆虫キッズ。高橋くんが金髪のヅラとサングラスで登場。演奏もMCも超グダグダでいまいち会場が乗り切れない感じでしたが、中盤くらいからグッとかっこよくなる。グダグダなMCって好き。「愛してるぜ」とか素面で言ってのけるような某ガーデンのボーカルの人みたいのが歌うロックンロールなんて聞きたくないです。高橋君の照れ隠しのような、かっこつけきれない所に非常に魅力を感じるのです。「いつか誰とも会わない日々を」「スイートガール スイートホーム」「アンネ」とか重要な曲をたくさん聞けてうれしかった。一緒に行った友人は初めて聞くグレンスミスにいたく感銘を受け、CDを購入していたけど、昆虫キッズには一言も触れてくれませんでした。そういう事なのかもしれませんが、いつか昆虫キッズをフェスで見る事のできる日が訪れんことを、僕はこっそり祈る。