青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

「埋火×Waterfai presents TimelessMelody×Heart Core Party」

うたの中から浮き出てくるもの、うたとうたの間からにじみ出てくるもの、、、
曖昧なものの中に在る、言葉にかえがたい、気がつかなかった部分。
ないようでありそうな、ありそうでないような歌。
それが埋火。

高円寺UFOCLUBで埋火のライブを観た。どちらかというと関西での活動の多いバンドなのでライブ初参戦。想像以上に素晴らしいライブでした。歌が飛んできた。優しかったり、激しかったり。どちらでもないあやふやな感情であったり。歌を支える素晴らしい3ピース。特にベースプレイの素晴らしさには痺れてしまった。サポートの方らしいのですが、羅針盤などで演奏されてる方だそう。ギターの音色。いかがわしさのないサイケデリックさ。これは新しい。ギターとドラムとベースが一気にギアをいれるときのあのグルーヴ。正直、こないだの「SONGS」で絶賛されていたくるりの3ピース演奏よかよっぽど痺れたよ。見汐麻衣さんはキュートだ。

ライブのお客が9割男性でびっくり。普通女性のが多いのに。やっぱり女性って男の子がバンドでワイワイしてるのが好きなんですかね。いいバンドなのにな、埋火。

こちらならタワレコでも手に入るはず。名盤です。

わたしのふね

わたしのふね