青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

THEラブ人間/曽我部恵一BAND 2マンライブ@下北沢CAVEBE

下北沢でTHEラブ人間曽我部恵一BANDの2マンを見てきた。ちょっと遅れてしまった(京王線小田急線を何故か勘違いした)のでステージは全く見えないほどでした。ソカバンの集客力とラブ人間の勢いすごし。



もうラブ人間終了かな、と思いきや「大人と子供〜初夏のテーマ〜」「京王線」「東京」「砂男」などの主要ナンバーを聴くことができました。よかった、よかった。金田君は歌心あるなぁ。というか歌うまいよな。歌詞が聞き取りやすいのは素晴らしいと思う。大事なこと。べースの子の歌が見た目の印象と違ってカラオケでDIVA系を歌う感じなのがよい。ギャップ萌え。金田君の歌からはカラオケっぽさを微塵も感じないので、組み合わさるとおもしろいのですね。ベースプレイも柔らかくて太くて好きです。



本日は憧れのソカバンとの2マンで気合十分だったようです。夢がかなった、と言ってました。CCCの常連さんでギターの智くんに「いつか一緒にやれるといいねー」って言われてたそうです。いい話だ。そういえば、僕も数年前、就活の合間に渋谷のロッテリにいたら智くん一家に遭遇した事があります。奥さんが席をはずしてる時に声かけたんですが、戻ってきた奥さんが

「知り合い?」
「いや、ファン」
「うっそだー」
「ほんとだよ!」

って会話をしてました。かわゆす。もっと有名になりたい!って感じですね。



曽我部恵一BANDは名盤「Strawberry」からの選曲が多目。あのアルバムはほんといい曲多いな。「LOVE-SICK」のメロウさ。「浜辺」も聞きたかった。ソロ名義の2枚目から「She's A Rider」とかやってました。初めてライブで聞いた。バンド名義のアルバムからは少なめでした。とはいえ「キラキラ!」や「永い夜」や「魔法のバスに乗って」はやはりキラーチューン。これから、バンド名義のほうはどういう音でやるんでしょうか。むしろ3枚目はあるんでしょうか。いい曲は多いし、ライブも平均点以上なんですが、

LIVE 曽我部恵一BAND

LIVE 曽我部恵一BAND

この奇跡の名盤のテイクのようなものを求めてしまうので、いつもほどほどの満足感しか得れないのがつらいところです。12月はシャムキャッツ太平洋不知火楽団などの若手のホープと対バンするよう。世代交代となるか、若返っていくか楽しみです。



しかし、ソカバンファンっていつの間にあんな女性だらけに。そしてえらい群れてコミュニティを形成しております。僕は男子校に6年間いたので、女の子は大好きですが、3人以上になるととても怖いです。3人以上になると女の子は違う生物になります。苦手、苦手。