青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

LIVE 土井玄臣、ザ・なつやすみバンド、黒沼英之 

4日と5日下北沢 THREEと池上BAR ruinaでライブを2本見てきた。THREEではザ・なつやすみバンド。ギターが抜け、スティールパンが加入した新生ザ・なつやすみバンドを初見。ギターが奏でる膜のような音がとってもモラトリアムっぽくて、ロックバンドな感じがして好きだったんですが、新しいザ・なつやすみバンドもよいです。ギターが抜けた分を、コーラスで埋めていて、カラフルなポップソングに変身していた。もう、このままビーチボーイズとか大滝詠一のようなサウンドのポップバンドになってしまえばいよいのに。そんなたいそれた形容をしたくなるくらい、中川さんのソングライティング力は長けているのだ。今出てる音源に入ってない曲がまたよい。ぜひライブに足を運んでみては。



土井玄臣。とても小さな声から発せられるMCで独特の雰囲気を作りあげていて、おもしろかった。嫌いな人は嫌いだろう。本人も「ライブすると嫌われる」って言ってました。僕は好きですよ。そして、やはり曲のポテンシャルがとても高くて、「ハルカ」という曲で、散漫だった観客の集中力をグッと挙げていて、周りから「凄いな」という声があがっていた。とても強度のある曲だ。

ほんと好きです、この曲。後、やっぱり発声の出した方がとても素晴らしかったです。呼吸が素敵。



池上BAR ruinaは黒沼英之と土井玄臣、中川理沙(from ザ・なつやすみバンド)というまさかの2日連続の共演。3人とも僕のとても好きなアーティストで、音楽性は全員違えど似ているところがあると思っていたのですが、やはり波長があったようで、とても素晴らしいイベントでした。とてもこじんまりと場所と人数でしたが、もっとたくさん人に見てもらいたかったなぁ。ジャンケンで出演順を決め、1番手は黒沼英之。曲のよさと歌声と、とにかくポテンシャルの高さを見せつけた。映画「ロストパラダイス・イン・トーキョー」にインスパイアされて作ったという新曲がとてもよかった。みんなに聞いて欲しいので、音源あがるとよいのだけど。


2番手が土井玄臣サンプラーや語りなどを使った前日と違い、ギター1本で。より歌声に光の当たるライブだった。お客さんが「シャンソンを感じた」と指摘していて、おもしろいなぁ、と思った。とても好きな「ハトフル」が聞けた。

土井さんから

大阪は街全体が悲しい

個人の問題でないレベルで出口のない人の歌を歌いたい

と言った旨の発言も聞けてとても興味深かった。オアシスが嫌いで、グランジU2が原点ってのもおもしろい話でした。



トリが中川理沙(from ザ・なつやすみバンド)。バンドの時とはまた違うタイプの曲を演奏。ドビュッシーとかラヴェルとかを感じさせる曲もあって、バンドとソロでの曲の書き分けがお見事。

う〜む。よいですなぁ。歌声も素晴らしい。歌詞もよいんですよ、中川さんは。彼女なら、アニメの主題歌とかNHKみんなのうたとか、いくらでも作ってしまえそう。