青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

最近のこと 

ついに片岡飛鳥による「めちゃイケ」「はねトび」の系譜となる新番組「ピカルの定理
が始まった。ピース、モンスターエンジン、ハライチ、平成ノブシコブシ平野綾大島麻衣おかもとまりこの面子を見ても本気度が感じられます。メンバー紹介の映像も力入ってる。番組の作りはもろにめちゃイケスタッフの雰囲気。綾部がいるのでフリートークは安心して見てられますね。矢部や西野をすぐにでも飛び越えていきそう。当分は綾部と吉村で引っ張っていくのかしら。綾部が矢部で、吉村が加藤なら、後は澤部が岡村になれるか、ですね。コントがたいしておもしろくないのは「とぶクスリ」も「めちゃモテ」もそうだったしご愛嬌で。しかし、そう考えると「はねるのトびら」はコントのがおもしろかったんだから凄いよな。秋山の登場には本当に興奮した。何だか更新してくれる男が出てきたぞ、と。あんなもん週一で作れと言われたらそりゃ息切れしますわ。後は平野綾のファンは怖いらしいので、扱い方を間違えて炎上しないとよいですね。



のはなしさん

のはなしさん

を購入。東京駅の大丸百貨店に京都のイノダコーヒーが入ってると今さら知り、行って読んでました。

久しぶりにこの甘い珈琲を堪能してきました。東京にももっとできて欲しい。でも京都に行った時に飲むあの特別な感じも好きなのだけど。いつか2000円近いカツサンドを食っちゃる。「のはなしさん」相変わらずおもしろいです。文章も上手だよなぁ。伊集院も本当に愛妻家ですね。
ブログ「てれびのすきま」さん
http://d.hatena.ne.jp/LittleBoy/
で紹介されていた伊集院の妻にあてた3行遺言にえらく感動してしまった。

神様も仏様も信じません
死後の世界も信じません
あなたの思い出の中に ずっと存在していたいです できれば

とても美しいものに触れてしまった気分だ。「のはなしさん」の冒頭の「愛だの恋だの」でも、その素晴らしい奥さんへの愛が語られているので、必読ですぞ。



オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ

も読みたい。「小声トーク」の載っている若い頃のオードリー見るだけで、「おぉー」ってなってしまうくらいにオドーリーファンです。きゃー。「クイックジャパン」の作りがいまいち納得いかんです。用語辞典みたいの読みたくないんですよ。カルチャー雑誌を名乗るなら、春日や若林の口から電気グルーヴだの、ZAZEN BOYSだの「ラブ&ポップ」という単語が飛び出しているなら、若いオードリーファンがそこらに手を伸ばしてくれるような誌面づくりをすべきではないでしょうか。どんどん興味が広がっていくような芋づる式誌面づくりを。



うる星やつら オンリーユー(ノーカット版)【劇場版】 [DVD]

うる星やつら オンリーユー(ノーカット版)【劇場版】 [DVD]

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」ばっか何回も見て他はいまいち見てなかった。こちらは劇場版1作目で監督は2と同様に押井守宮崎駿や本人は失敗作と言っているようですが、おもしろかったです。とにかくドタバタしながらも、ラムちゃんの愛が全編に貫かれてて気持ちよかった。なんと公開当時は相米慎二監督「ションベン・ライダー」と伴映だったそうで。凄いカップリングですね。