青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

LIVE THEラブ人間 / シャムキャッツ / MOROHA / 或るミイ

新宿MARZでのライブを見てきた。THEラブ人間シャムキャッツ、MOROHA 、或るミイの4組。全組が最高のパフォーマンスを見せてくれた。



一組目は或るミイ。

全く聴いたことのないバンドだったのですが、あまりのかっこよかった。このバンドにはギターヒーローがいた。高い位置で構えたギターから鳴る様々な音色にやられた。DUBをロックにポップに響かせていて気持ちいい。ボーカルも存在感があってよいのです。見た目もなんか全員漫画のキャラクターみたいでよい。




続いてMOROHA。

曽我部恵一

MOROHAの登場は事件だと思っている

という言葉は聞いていたが、初聴き。会場も一目見ようと人が集まってきた。

声もリリックも音楽性も正直ひいた。でも、なんか涙が出てたから、それを信じてみる。言葉がとにかく撃ちこまれてきて僕の色々なところに穴があいた。そしてその穴を埋める優しさもあった。曽我部恵一のROSE RECORDから10月21日にアルバムが発売される。一足先に買ってみました。「ありがとうございます、糧にします」といってお金を受け取るMOROHA。プロだな。




3組目シャムキャッツ

相変わらずかっこよかった。やっぱり「アメリカ」が好き。

これを超える曲ガンガン作って欲しい。しかし、ボーカルの夏目くんかっこいい。僕が映画監督なら彼を主演に青春映画を撮るね。



そしてトリのTHEラブ人間

「愛」を信じて
やっと世界の中に溶け込めたんです。
THEラブ人間の音楽は今日も明日も不安でしょうがない
あなたたちの歌う音楽です。
THEラブ人間は2009年1月に金田康平を中心に突如現れた音楽集団。
恋愛至上主義」を掲げ、今日も他人と解り合うことを願って
血まみれの恋愛と青春の焦げ臭さを高らかに歌っている。

本当に待望のライブ。想像を遥かに超えるパフォーマンスだった。金田康平という人のカリスマ性は、キリスト、カート・コバーン峯田和伸かくやという感じだ。本当に凄い。10代だったら心酔して教祖のように祭り上げてしまうだろう。サンボマスターの「手紙」という曲に

わかちあうことの美しさと
わかちあうのことの難しさは
あなた自身で確かめて

という最強のラインがあるのだが、THEラブ人間ってバンドは存在がそのラインそのものだ。演奏も凄くて、感情が波のように振りかかってくるのを確かに感じた。特に陽性のヴァイブスを放つ時の演奏がとてもよい。うれしくって涙出た。音源の数倍よいです。そして、金田康平の歌とMCは血とか汗とか涙とか体液の匂いがする。

東京の空が真っ赤で
きみは動けなくなって
世界と自分との距離を
すごく遠くに感じてたね
ふたりで作った布団の中の青春が
今でも僕の心を後押ししてくれてたりするんだね

はみ出してしまう世界に溶け込む方法はラブなのね。



しかし、今日本にはおもしろいバンドがたくさんいる。家でピッチフォークとか読みながらヘッドフォンしてないで、もう少しライブハウスに足を運んでみてもいいんではなかろうかに。新宿MARSいい箱です。好きだな。夜の歌舞伎町は怖い。ヤクザにホストにその客に。ビクビクしながら歩きます。「龍が如く」ではあんなに我が者顔で歩けたのになぁ。