青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

クレイグ・ギレスピー『ラースと、その彼女』


ラブドールであるビアンカに魂が宿る。そう聞くと是枝裕和の『空気人形』を連想するのだが、本作はその魂の宿り方が秀逸。ビアンカは動くわけでも喋るわけでもない。ただ、主人公ラースを見守る周囲の人々の善意によって魂を持つのだ。服を着替えたり、お風呂に入ったり、髪を切ったり、そしてなんと仕事だって持つの。話の性格上、いくらでも品のない展開で山場を作ることのできる作品だと思う。悪意の登場による安易な山場を作らず、人の善意にのみに焦点を絞って、丁寧に生きるということを描いている。「こんないい人ばかりなわけがない」と言う人は人間関係という戦場で野たれ死ねばいいだろう。この作品はそんな戦場を生き延びるための希望を託している。デヴィッド・トーンによる音楽もよい