青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

星野源 LIVE「DOCOMO CONCERT × J-WAVE GROW GREEN PROJECT」


DOCOMO CONCERT × J-WAVE GROW GREEN PROJECT」というイベントで星野源のフリーライブを見てきました。会場は六本木ヒルズアリーナ。エコイベントで(興味なし)、ゴーヤ料理が販売しておりゴーヤココナッツカレーなどを食べながら待っていたらリハーサルで星野源、登場。やだ、何この人かっこいい。黒いTシャツ姿が、またかっこいい。リハーサルでの抑え目の声がまたセクシー。「こういう人が意外と超モテるんだよね〜」とか言ってましたが普通にかっこいい人でしたわ。「子供」などを演奏してくれました。で、また待機。本番が近付くにつれ人がどんどん増える。ほとんど女子。やはり人気なのですね。本番は服が変わっていて、水色にチャックのシャツ。やだ、この人、かわいい自分を演出できてる。1曲目は新曲。凄いよい。声と呼吸が空間を震わせていた。そして何と言っても曲がいいなぁ。

「ばらばら」
「キッチン」
「グー」
「老夫婦」
「ひらめき」
「くせのうた」

とやってくれました。本当に全曲素晴らしい。ライブ後、お客さんが物販に殺到していたのも、やはり曲のよさが伝わったからなのだと思っております。Tシャツ目当てかもしれないけど。


凄いかわいらしい、草食男子っぽいイメージだけどこの人の腹黒そうなところや覚めている視線が凄い好きだ。

君の癖を知りたいが ひかれそうで悩むのだ
機昨日苛立ち汗かいた その話を聴きたいな

暗い話を聴きたいが 笑って聞いていいものか

知りたいと思うには 全部違うと知ることだ

なんでもいつかは飽きて さようなら
笑って生まれ変わったふりをする

その腹黒さや醒めた視線が描くのが案外コミュニケーションの本質だったりしてドキリとする。