青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

中村義洋『ちょんまげぷりん』

ある日、仕事と家事に追われ忙しい毎日を送る、シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)とその息子・友也(鈴木福)の前に、ちょんまげ姿の男が現れた。聞くと名前は、木島安兵衛(錦戸亮)、180年前の江戸から来た侍だという。

こういったタイムスリップものなど、何十回も繰り返し描かれてきたモチーフだけあって、とにかく洗練されていて、傑作となっておりました。侍がパティシェに、ってのがもういいじゃないですか。



冒頭の日常生活の中のスーパー前にいきなり侍が普通に立ってるカットで「この映画は信頼できそう」と確信した。いかに、日常と異なるもの(ここでは侍)を融解していくか、がこういった作品の見どころだと思うのだが、その演出がとにかく丁寧。その融解していく様がとにかく幸せな画になっていて、幸福の具体性の再定義になっていた。素晴らしい。見ていて、ずっと顔がほころんでいましたよ、私。リアルと異なるものの壁の融解と共に築かれていく共同体。しつこいようだけど、こういった繋がりの肯定の表現を今は見ていたい気分なのだ。