青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

大林宣彦監督「水の旅人 侍KIDS」

水の旅人-侍KIDS- [DVD]

水の旅人-侍KIDS- [DVD]

大林宣彦『水の旅人 侍KIDS』を観た。小学生の頃、とびきり大好きだったこの作品。余談ですが、当時の教室では『水の旅人侍KIDS』派と『REX 恐竜物語』派で、熾烈な争いが繰り広げられていたものです。私は断然、本作の肩を持っていたわけですが、『REX 恐竜物語』の監督である角川春樹がコカインで逮捕され上映中止が相次ぎ、争いには終止符がついた。


異なる者との触れ合いにより(環境問題も絡めたりして)成長する少年、少女という正統派のジュナイブル。しかし、演出はさすがの大林印でかなりイカれている。画面の色調からしておかしいし、猛烈なスピードのカットチェンジは完全に神経症である。しかし、幼心には「変だ」なんて微塵も感じなかったわけで、あれが子どもにとっては当たり前の世界の認識なのかもしれない。なんといっても、レコードの回転を利用してトレーニングする小さな侍、光と埃の図書館、豊かな水に溢れた父の故郷、学校のキャンプ、カラスとの友情、チョコレートはクモの味、といった子ども心をくすぐるディティールの数々だろう。


そして、興味深いのがこの物語の登場人物が皆異様に、残酷に過ぎゆく時の流れに苦しんでいるという演出。母(風吹ジュン)は老いて美貌が衰えていくこと、姉(伊藤歩)は自身が子どもから女性へと変わりゆくこと、少年は侍との別れが訪れること、先生(原田知世)は子ども心をなくしてしまうこと。侍は海を目指す理由を「死に場所を見つけに行くためだ」と言う。そんなどこか重苦しいムードを

今のうちに大切な宝物をたくさん見つけて隠しておけ
そうすれば寂しくなくなるよ

という、時の流れに抗う術を語る父(岸部一徳)の台詞が振りほどく。故郷で自分の宝物を雨の中、少年と探しに行き見せるシークエンスの素晴らしさ、ここがこの映画の核であろう。