青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

やけのはら『THIS NIGHT IS STILL YOUNG』


やけのはらによる待望のファーストラップアルバム『THIS NIGHT IS STILL YOUNG』がリリースされた。

ディス・ナイト・イズ・スティル・ヤング

ディス・ナイト・イズ・スティル・ヤング

今のところ今年のベストアルバム。リラックスしたメロウなサウンドが心地よい。音楽が好きで、そいつがなきゃ日々をやり過ごせない夏、夜、毎日のこと。友人と大騒ぎしながらライブハウス、クラブ、車で聞く音楽。恋人と一つのイヤーフォンを分け合って聞くメロディー。夜中にヘッドフォンで聞く音楽が信じられなく染み込む瞬間。そんな瞬間をつかまえろ!忘れるな、糧にして、生きろ。またそんな瞬間がくるまでね。そんなことをやけのはらは歌っている。とてもスムースに。

俺たちが見ている景色が夢だとしたら 
最高にアホらしくて笑えて
スリル満点の夢にしよう

そんな瞬間の刹那にも、感傷的にも成り過ぎないのがいい。

もう ダメかなって思う夜に そっと 思い出す
いつかのロックとロール

このグルーブを掴まえて

無駄だとわかっていても 手を伸ばしたくなることもある

楽しければいい 楽しければ いい のは
楽しくないことがたくさんあるからこそ 
とても楽しく感じるのかな

Just One Days いつか思い出すかな こんな夏の日を

煌めきは一瞬 だから美しい

情報に踊らされるなら DJに踊らされたいから
俺が俺で暮らせるように 君が君で暮らせるように 
音楽が音楽であった日のような 穏やかなメロディー

やけのはらってアーティスト名は全部が1回終わってしまってそこから始める、みたいなイメージでつけたと聞く。ゼロ年代焼け野原から始まるのが10年代のやけのはらだ。
[http://www.youtube.com/watch?v=glC0vE_k7lg