青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

下北沢インディーファンクラブ2010

下北沢インディーファンクラブという9つのライブハウス出入り自由の都市型夏フェスに行ってまいりました。まず最初は251でneco眠る。軽やかなビートが気持ちいい。



神聖かまってちゃん踊ってばかりの国を観て、そこからイルリメ、ドリアン、星野源に後ろ髪ひかれつつも本日目玉の昆虫キッズへ。

5〜6月とずっとライブがなかったので待望のの演奏。アルバムレコーディングを経たからか、楽器の鳴りに磨きがかかっている。「太陽さん」で空間がゆがんだ。あと、野本さんのかわいさは完全体の粋に達しておりました。会場が何故かFEVERだけ新代田駅で他の8つと離れてまして、お客さんも本当に昆虫キッズが聞きたい人だけな感じ。でも、下北のどっかでやれば全然、昆虫を知らない客にも爪痕を確実に残せるライブだったのにな。アルバム8月発売楽しみです。ついに「アンネ」が収録されるようです。



下北沢に戻り、キセルを見ようとするが、こちらも超絶な行列。同時間帯の他のバンドと比べるとやはり、キセルは別格のよう。しょうがないので、「花泥棒」で高い珈琲飲んでみたりして時間をつぶしておりました。




19時からQueでオストアンデル。最高!「君はまるでダンスしているみたいに」「Bakyun The Everyday」のキラーチューンっぷりを体感。ニューアルバムからの曲も最高にキュートでキャッチーで。でも演奏と歌は意外と骨太なとこもあったりして。ギターがいちいち面白いフレーズを弾いてて面白かったなぁ。「外は嵐」では嵐の歌をかぶせてみたり、凄いかわいいバンドでした。終演後、ダッシュで向かったのがやけのはらとドリアンの571。最高のパーティ。


この2曲がほんとに最高。メロウ過ぎ。泣きながら笑顔で踊りました。疲れがピークに達したので本日はこれでフィニッシュにいたしました。