青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

大停電の夜に

ネットをウロウロしてみたらライブMCが全文転載されているのを見つけた。OPのMCだけ。

2003年、NYの大停電。

町では道路で休んでいる人たちをみんなが家に招待したりしている。

それぞれ、自分とあいそうな人を探している。

いつもは無視されているホームレスのおっさんが活躍する。

あのビルの間は風が来ないから過ごしやすいよとか。

このビルは自家発電だし、水も飲めるから、とか。

ホームレスのおっさんたちは町のことをよく知っている。

どうせ腐ってしまうのだからと、お店は肉や野菜などの商品をただで配り始める。

そして、どこの家でも蝋燭が灯され、大勢のための料理が始まる。

暗闇の中では大衆向けのテレビなどではなく、小さなラジオ局がホームレスのおっさんみたいに大活躍していた。

停電はアメリカ全土やカナダを覆いつくしていることや、復旧は明日になるだろうことを伝えた。

電池で動くCDプレイヤーやラジオから、鮮明に音楽が鳴り続けていた。

暗闇では音楽や言葉は強い力を持っていた。

音楽は甘く、言葉は初めての雪の上を踏みしめたように残る。

ぼくらのご先祖さんたちは「やみ」という字を門がまえに音と書いてあらわした。

明日には停電も終わり、普段の生活と違う時間も終わる。

それでも、この世の中の裂け目で一瞬見聞きしたものは、忘れることはない。

そう、忘れやしない。ライブが始まる前から終わってしまうこと、次の日からまた仕事の毎日が始まることにうんざりしていた僕にこのMCは甘く優しく響いた。