青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

夏休みはもう終わり

最近、ザ・なつやすみバンドというバンドを愛聴している。

毎日がなつやすみならばいいのに

というコンセプトで今年大学を卒業した4人組のバンドだそう。昆虫キッズの対バンのリストで目にして何となしにYouTubeで検索して出会った「なつやすみ(終)」という曲で恋に落ちてしまった。

物憂げな犬と 歌わない鳥たち 
からっぽな私と みんな似ているのです

「毎日がなつやすみならばいいのに」というコンセプトは、夏休みは終わるという刹那からスタートしているはず。夏休みの狂騒感より、終わってしまうことへの寂しさを表現した言葉が耳につく。「せかいの車窓から」という一見明るい曲も、列車に乗り過ぎゆく甘美なるモラトリアムへの鎮魂歌のように僕には響く。

あと少しだけ我慢して君を忘れよう
落ち着いて無機質な夢を見れるかな?

ボーカルの魅力とソングライティングには確かなものがあると思う。演奏が上手いわけではないけど、この4人でやる必然のようなものが感じれてとてもよい。後、僕はこのバンドの膜をはるようなギターの音がとても気にいっているのだ。基本的に下を向いて演奏するその様はまさにシューゲイズだ。「波」という曲のラストの演奏にいつも痺れてしまう。

たまにはセカイを無視して 思いっきり眠りこけよう

というラインがとても好き。新曲もどんどん聞きたいので、ライブに足繁く通ってみようと思います。モラトリアムの鎮魂歌に加えて、夏休みの快楽性みたいのは表現した楽曲も増えていったら楽しそう。ライブ会場で5曲入り300円のCDが発売しています。