青春ゾンビ

ポップカルチャーととんかつ

あだち充『H2』 あだちラブコメの哀しさについての考察

あだち充のラブコメこそ至高。それこそ小学生の頃から大好きな作家なのだけども、歳を重ねるごとにその想いが強まっている。まさにキングオブラブコメディである。あだち充への考察と言いますと、『EPOCH TV』というシットコムにおける設楽統の台詞に尽きま…

最近のこと(2017/06/16~)

『ひよっこ』の新しい登場人物もすっかり好きになっています。漫画家志望の若者が部屋に「目指せ藤子不二雄!!」という紙を貼っていて、それだけでもう素晴らしいな、と思ってしまう。珍しく「最近のこと」を間隔開けずに書けました。何かこう梅雨で気分がパ…

水沢めぐみ『おしゃべりな時間割』

心が荒れた時に読み返す本というのがあって、私にとってそれはこの『おしゃべりな時間割』という作品だ。1994年に『りぼん』で掲載されていた少女漫画で、作者は『姫ちゃんのりぼん』でお馴染みの水沢めぐみ。何故か私はこれを小学生時代からずっとバイブル…

最近のこと(2017/06/10~)

マック・デマルコの歌うラブソングが好きだ。ヘロヘロになりながら、恰好つけている感じが泣ける。またしても「最近のこと」を1週間分くらい書きそびれてしまった。あんまり覚えていない。神宮球場に行って、スワローズ館山が西武打線にボコボコに打たれるの…

西谷弘『昼顔』

互いに妻と夫のある身でありながら、どうしようもないほどに惹かれ合い、結ばれてしまった北野(斎藤工)と紗和(上戸彩)。テレビドラマ版のラストではその罪を罰されるかのように業火に包まれた。あれから3年、北野との一切の接触を禁じられた紗和は、自ら…

岡田恵和『ひよっこ』10週目「谷田部みね子ワン、入ります」

前週の別れのセンチメンタルさから打って変わり、よりコメディ色の濃くなった10週目。それでもチャンネルが切り替わるようにスパっと変わってしまうのでなく、乙女寮の愛子さんが物語に居残り、次の舞台であるあかね荘にまで足を運ぶ。その侵食具合が素晴ら…

満島ひかり×丸山健志『ラビリンス』(MONDO GROSSO)

密集した高層アパートに微かに覗く”空”からカメラが下降していくと、地上に満島ひかりが佇んでいる。何やら神話めいた*1で、どこか郷愁を湛えながら天を仰ぐその姿に、”天使”的なニュアンスを嗅ぎ取ってしまうのは容易い。しかし、彼女は天に帰還することは…

岡田恵和『ひよっこ』9週目「小さな星の、小さな光」

放送が開始して2ヶ月余りが過ぎますが、脅威のクオリティを保ち続けている。僅か15分の中で、必ずや観る者の涙腺を刺激してくる。とりわけ、9週目にあたる「小さな星の、小さな光」の素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。みね子の務める工場が倒産、その名も”乙…

最近のこと(2017/05/26~)

大好きな5月が終わって、今年もきたぜ6月。僕らの気持ちを代弁し切った上のコマもいいんだけど、1コマ目でカレンダーを見つめながら「ついに、ことしもきたか・・・ああ。」とボヤいているのび太が好き。しかし、何年生きてみても6月というものの実像を掴み…

落日飛車(Sunset Rollercoaster)『JINJI KIKKO』

まさかのAORリバイバルである。昨年、サニーデイ・サービスが傑作アルバム『Dance To You』にてネッド・ドヒニーとボズ・スキャッグスを、ceroが全国ツアー『MODERN STEPS TOUR』のグッズデザインにスティーリー・ダンを、それぞれ引用してみせたのが印象的…

つげ義春『ヨシボーの犯罪』

先日、つげ義春の”紀行もの”の傑作『オンドル小屋』(1968)の中に、サウナ活動のヒントが隠されているかもしれないと読み直してみた。風邪を引いていたので、すこし頭がやられていたのだろう。当然ヒントは得られなかったが、久々につげ作品に目を通してみ…

ナカゴー特別劇場『紙風船文様』

岸田國士戯曲賞というのがあるように、演劇界においての権威である(文学界で言えば、芥川龍之介)岸田國士の古典『紙風船』(1926)をナカゴー鎌田順也がスクラップアンドビルド。結婚2年目に突入し、やや倦怠期を迎えつつある夫婦の物語だ。とある日曜日、…

最近のこと(2017/05/19~)

甘栗はむいちゃわないでいいので、「納豆かき混ぜときました」という商品が欲しい。もちろん、納豆という食べ物がかき回すという所作にこそ醍醐味があるのは承知だが、どうしても億劫な時がある。慌ただしい朝だとか他の具材を調理中の時だとか。そもそも、…

ジェームズ・ガン『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』

もう本当に大好き!! 前作は人が死にまくるわりに、やたらとウエットなのがやや気になるところでしたが、このvol.2に関してはもはやそこがいいというか、素直に泣かされてしまった。映画(に限らず漫画やアニメも)のヒーロー/ヒロインで両親が健在なケース…

湯浅政明『夜明け告げるルーのうた』

ボーイミーツガール、そしてグッバイ。 ぼくらの住むこの世界では旅に出る理由があり 誰もみな手をふってはしばし別れる 小沢健二「ぼくらが旅に出る理由」 今作では何度も「じゃあ、またね」というお別れが描かれる。大きなお別れに備えるように。その別れ…

最近のこと(2017/05/12~)

youtu.be 先日公開されたcero「ロープウェー」のMVが素晴らしい。 Everything's Gone To The Foggy Outside やがて人生は次のコーナーに 監督は仲原達彦で、飴屋法水が出演している。『POPEYE』を立ち読みして知ったのだけど、飴屋法水とコラボレーションし…

松本壮史×三浦直之『デリバリーお姉さんNEO』3話

みなさま、TVKにて放送中の『デリバリーお姉さんNEO』の3話は御覧になられましたでしょうか。いやはや、素晴らしい。”プールサイドでの告白” というモチーフが、岩井俊二『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(1993)の記憶と重なり、そこから大根…

欅坂46『長沢くんと梨加 2人の休日』

凄いものを目撃してしまった。『欅って、書けない?』で放送された長沢菜々香と渡辺梨加のフューチャー回。この2人、欅坂46が誇る不思議系ポンコツアイドルなのです。普段のスタジオ収録ではほとんど喋ることもままならない。カメラを向けられると"亡霊"とま…

岡田恵和『ひよっこ』6週目「響け若人のうた」

みなさーん、『ひよっこ』は6週目も好調です、朝ドラって本当に素晴らしいものですね(←私の中の増田明美が文体を侵食している)。いや、本当に東京編に突入してからの充実度はどうかしています。おもしろくない日がないし、6人娘はずっとめんこい。赤いコー…

星野源さん、”人見知り”を斬る

人見知りだって言っちゃうことは、相手に僕人見知りなんで、なんか気を使って下さいって言ってるのと一緒だなって。それってすごい失礼だなと思って、失礼だし、何様なんだって思ったんです、自分が。だから、嫌われてもいいやって段々思えるようになってきて…

最近のこと(2017/04/28~)

youtu.be GW中にジョナサン・デミの訃報が。『レイチェルの結婚』の煌めきは永遠であるし、何と言ってもNEW ORDER「Perfect Kiss」である。好きなバンドのとびきりに大好きな曲。高校時代から「死にたい」が口癖の友人がいて、彼が「葬式ではこの曲をかけて…

岡田恵和『ひよっこ』5週目「乙女たち、ご安全に!」

みね子(有村架純)が故郷の奥茨城を出て、新たに東京での生活をスタートさせる。”いや~な奴”を登場させるにはまさにうってつけのタイミングであるのだけども、やはりこの『ひよっこ』はそうはならない。みね子が働くこととなる向島電機の人々は揃いも揃っ…

草加健康センターという名の楽園

東武伊勢崎線の草加駅から送迎バスで約5分。埼玉県の草加市、決してハイカラな土地ではないが、駅周辺には心地良い素朴さのようなものがあるし、ちょっとしたアクセスの困難さも旅情に華を添える。肝心の施設もまた、宴会騒ぎの大広間にゲームコーナー、カラ…

岡田恵和『ひよっこ』1〜4週目

岡田恵和の3度目の朝の連続テレビ小説ドラマ『ひよっこ』が本当に素晴らしい。涙腺を刺激され続ける毎日だ。これまでの岡田作品と同様、安っぽい悪人や嫌な奴は登場しない。イタズラに盛り上げるようなドラマメイクはない。真っ当な善人たちが懸命に正しい方…

廣木隆一×又吉直樹『火花』

この国のテレビドラマに“火花以降”という新たな基準が設けられた、と断言したい。廣木隆一(『ヴァイブレ―タ―』『やわらかい生活』)を総監督として、白石和彌(『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』)や沖田修一(『南国料理人』『横道世之介』)など映画界の気…

松本壮史×三浦直之『デリバリーお姉さんNEO』1話

TVK(テレビ神奈川)とGyaoにて放映が開始されたドラマ『デリバリーお姉さんNEO』は必見の作品である。なんたって制作陣が凄い。メインの監督がTHE DIRECTORS FARMの松本壮史(Enjoy Music Club)、脚本は三浦直之(ロロ)と大歳倫弘(ヨーロッパ企画)!!…

最近のこと(2017/04/19~)

またしても「最近のこと」を書きそびれてしまった。しかも、今月のブログ更新数は、開設以来最低である。それもこれもヤクルトスワローズが弱すぎるせいだ。負けるたびに精神に支障をきたし(プロ野球ファンなど辞めてしまえ)、何もやる気が起こらずにふて…

コッペパンの魔術的な魅力について

あらゆるパンの中でコッペパンが1番好きだと思う。コッペパンそのものの味を思い浮かべようとしてもどこかボンヤリしているのだけども、マーガリン、ピーナッツバター、ジャムを塗っただけでも抜群に美味いし、コロッケや焼きそばを挟んで総菜パンにしても最…

大橋裕之『ゾッキA』

1,404円と多少値は張るわけですが、大橋裕之の『ゾッキA』(5月中旬刊行予定の『ゾッキB』も!)は手にとるべき1冊だ。大橋裕之は漫画界のダニエル・ジョンストンである。その魂には狂気すれすれのピュアネスとポップネスが宿っている。どれほどのサイレント…

織田奈那(欅坂46)個人PV 松本壮史『コールミー』

欅坂46の織田奈那。彼女の愛称である”オダナナ”はあだ名ではなく、フルネームである。オダナナ、オダナナ、オダナナ。思わず名前を3回唱えたくなるほどに素晴らしい響き、収まり。Enjoy Music Clubの誇る映像ファンタジスタ松本壮史は、彼女のネーミングに宿…